イチゴジャムの手作り賞味期限や保存方法は?冷凍保存はできるのか?

イチゴジャム 手作り 賞味期限 料理

手作りジャムには、スーパーなどで売られているジャムとは比べ物にならない美味しさがあります。

自家製イチゴジャムは難しそうと思いがちですが、実は始めてでもそんなに難しくありません。苺そのものが美味しいので、簡単に作れる割にはどんな高級なジャムにも負けないぐらいの美味しさですよ!

手作りジャムを始めて挑戦する人のために保存法や賞味期限、冷凍保存はできるのか。また、手作りジャムを美味しく食べる方法などをご紹介します。

あなたも手作りジャムに挑戦してみてくださいね♪

スポンサーリンク

イチゴジャムを手作りしたら賞味期限はどれぐらい?

手作りイチゴジャムの賞味期限は、保存の仕方や砂糖の分量の割合など様々な条件で違います。

手作りジャムの保存の仕方による賞味期限は次の通りです。

・冷蔵庫で保存した場合:1ヶ月程度の賞味期限
イチゴの分量に対して半分以上の砂糖を使えばカビにくく、1ヶ月程度は軽くもちます。

保存するときは、熱湯消毒した密閉容器を使います。食べるときは綺麗なスプーンを使って雑菌をつけないように気を付けてましょう。

カビが生えない限り大丈夫です。

・冷凍庫で保存した場合:1年ほど
冷凍すると賞味期限を気にせずに楽しめますね。

冷凍するときのおすすめの方法は、煮沸した瓶に入れてすぐ蓋をし、逆さまにします。

冷めると真空になっていますから、1年以上はもちます。

・瓶詰にして保存した場合:冷暗所に置いて1年以上
砂糖を多めに入れてしっかり煮詰めて、殺菌した瓶に入れて保存をすると、冷蔵庫に入れなくても、軽く1年以上は美味しく食べることができます。

いちごジャムを手作りした 上手に保存して長持ちさせたい!

苺をたくさんいただいたときは、イチゴジャムにして瓶詰で保存をすると、手作りのジャムでも長持ちさせることができます。

ただ、市販のものと違って防腐剤が入っていないので賞味期限の目安としては6~12ヶ月程度と考えてください。

ジャムは砂糖の分量が50%を超えていれば、ほぼ無期限とも言われるほど保存の効く食べ物です。

きちんと脱気や滅菌した瓶詰めなら、冷暗所に置いて常温で1年は持ちます。

蓋を開けるとき、中央の状態が作ったときのように蓋が凹んでいれば、食べて大丈夫です。

しかし、蓋の中央が膨らんでいる場合は中で腐っている証拠ですから、食べないで下さい。

手作りジャムは防腐剤が入っていないため、市販のジャムより長持ちしません。

そのため、ヨーグルトに入れるなど様々な食べ方を工夫して、開封後はできるだけ早く、美味しいうちに使い切るようにしてください。


スポンサーリンク

いちごジャムの手作り品は冷凍保存どうやってする?解凍方法は?

手作りのいちごジャムを長期間冷蔵庫で保存するのはカビが心配という人は、冷凍保存がおすすめです。

ジャムは糖分が多いので、カチカチなりません。ソフトな硬さで冷凍されます。

そのため、冷凍庫から出してすぐにスプーンですくって食べることができますよ。

雑菌を付けないように乾いた清潔なスプーンを使い、早めに食べきるようにしてください。

トーストに塗るのはもちろん、ヨーグルトに混ぜたり、あんこの代わりにジャムを入れて「洋風あんみつ」にするなど、美味しく食べる方法は色々ありますよ。
紅茶に入れて飲むのもおすすめです。

まとめ

イチゴジャムは素材そのものが美味しいので、誰にでも簡単に手作りすることができます。

ジャムを作っているときのキッチンに漂う甘い香りに、ジャムを作っているあなただけでなく、子供たちや家族も幸せを感じることでしょう。

あわせて読みたい 酸っぱいいちごの美味しい食べ方は?酸っぱいイチゴを甘くする裏技も!

あわせて読みたい 春野菜に関するギモン一覧まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました