遠足でリュックかショルダーママはどっちが便利?おすすめリュックも

遠足 リュック ショルダー ママ イベント・行事

親子遠足に参加する場合、ママはリュックかショルダー、
どちらのバッグにすべきか迷いますね。

帰りは子供の荷物も持つことになりそうだから、
できれば少しでも便利で動きやすくなるバッグが理想。

そこで今回は、親子遠足ではリュックとショルダーバッグ、
どれを選ぶといいのかを解説します。

スポンサーリンク

遠足でリュックかショルダー ママはどっちがおすすめ?

リュックとショルダーバッグは、
実はどちらも遠足に適しているんですが、
それぞれのメリットデメリットを知っておいたうえで、
選ぶようにするといいですよ!

リュックのメリット

まずリュックのメリットですが、
なんといっても両手が空くということですね。

遠足中、子供はとにかくはしゃぎまわります。

そんな時でもリュックなら、常に両手が空いているし、
前かがみになってもバッグがずり落ちてこないので、
安心してお子さんの行動を制御しやすくなるでしょう。

しかも、リュックはサイズにもよりますが、
荷物が多めに入れられるのも嬉しいですね。

リュックのデメリット

リュックのデメリットとしては、
荷物の取り出しが面倒、ということ。

背中に背負っているわけですから、ハンカチとか飲み物とか、
ちょっとしたものを取り出す時に、
いちいちリュックをおろす必要が出てくるんですね。

この動作がちょっと手間、と感じる人も多いでしょう。

そうなると、反対にショルダーバッグの方が良さそうな気がしますね。

ショルダーバッグのメリット

リュックではなくショルダーバッグを使った場合のメリットとしては、
荷物がサッと取り出しやすいことです。

飲み物でも財布でもスマホでもハンカチでも、
お子さんのおやつなどでも、すぐに取り出せるのがすごく便利。

また、デザインもオシャレなものが多く、
ファッション性も重視したいママさんにもおすすめ。

ショルダーバッグのデメリット

荷物がたくさん入ったショルダーバッグをずっと持ち歩くと、
すっごく肩が凝ってしまうんですよ!

私も時々ショルダーバッグで出かけるのでのですが、
帰宅するともうとにかく肩こりがひどくなってしまいます…。

また、ショルダーバッグも基本的には両手が空くんですが、
前かがみになったりすると、ずり落ちてきてしまうこともしばしば。

ちょっと動きにくくなってしまいますよね…。

以上のメリットデメリットからみると、
どちらかというと、リュックの方が便利そうなのでおすすめ。

ただし、あくまでおすすめはリュックだけれど、
個人の好みによってはショルダーを選んだって全然OKですよ。

遠足のママリュックおすすめは?

遠足に持っていくのはどんなリュックがいいのか、
色々種類があり過ぎて迷ってしまうでしょう。

そこで、ママさんたちから人気のたかい、
おすすめリュックを見つけてきました!

人気ブランド『anello』のリュックです。

リュックですがカラーバリエーションは豊富だし、
見た目がとってもオシャレ。

しかも、外側の収納ポケットも多く、
ちょっとしたものをすぐに取り出せます。

軽量バッグなので、荷物をたくさん入れても安心。

デザイン性にも機能性にも優れたバッグなんですよ!

ということで、まよったら『anello』のリュックを選んでおきましょう!


スポンサーリンク

遠足には貴重品用のミニショルダーがあると便利!

リュックだと確かに機能性に優れていますが、
どうしても貴重品やハンカチなどを取り出すのが、
ちょっと面倒ですよね。

そんな時はリュックとは別に、
ミニサイズのショルダーバッグも持っていきましょう。

小さめのショルダーバッグに、財布とスマホ、
ハンカチなど最低限のものだけを入れておけば、
肩にかけても肩こりがひどくなる心配もありません。

頻繁に使うものはササっと取り出せて、
両手もしっかり空くし荷物も持ち歩けるので、
ぜひリュックとミニショルダーの併用を実践してみてください!

まとめ

親子遠足におすすめなのは、
両手が空いて荷物もたくさん入るリュック!

でも、頻繁に使うものを取り出すのが手間、
というデメリットもあるんですよね…。

そこで、ミニサイズのショルダーバッグに貴重品など、
使う頻度が高いものを入れて、
あとの荷物はリュックに入れて持ち運ぶといいですよ!

あわせて読みたい

1,親子遠足でバスでの挨拶 役員はどんなことを話せばいい?行きと帰りも

2,幼稚園の遠足で動物園へ雨の場合の持ち物は?長靴履かせた方がいい?

3,年少の遠足でお弁当がおにぎりのみ持たせ方は?おにぎりの具やかわいい一工夫も♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました