ダウンジャケットの保管は圧縮袋で可能?服がしわしわになったときの対応も

ダウンジャケット 保管 圧縮袋 生活

暖かい時期になり、そろそろ衣替え、
という頃になると気がかりなのが、
ダウンジャケットの保管方法ですね。

かさばるから圧縮袋を使ってもいいんでしょうか?

でもしわしわになりそうで不安…。

そこで今回は、ダウンジャケットを圧縮袋に入れてもいいのか、
おすすめの保管の仕方を解説します。

スポンサーリンク

ダウンジャケットの保管は圧縮袋でしてもいい?

持っているダウンジャケットがそこまで高価なものではなく、
ユニクロなどで購入したお手頃な商品でしたら、
圧縮袋を使用して保管しても多少は大丈夫ですよ。

というのも、基本的にダウンジャケットには、
中にポリエステルや、ダウンという綿みたいな羽毛、
そしてフェザーという羽根が詰められているんですね。

ダウンジャケットを圧縮した状態で保管すると、
中に詰められたフェザーがつぶれてしまい、型崩れしたり、
ダウンジャケット特有のフワフワ感がなくなってしまうんです。

ところが、ユニクロなど安価なダウンジャケットの場合、フェザーではなく、
ポリエステルやダウンの方が割合的に多く詰められているんですよ。

ポリエステルやダウンは圧縮しても元に戻りやすいので、
安価なダウンジャケットの場合は、
保管の際に圧縮袋に入れてしまっても、
取り出せば元のふんわり感が戻ってきます。

ただし、完全に元通りになるというわけではなく、
多少は中のダウンがつぶれてしまうので、
出来ればダウンジャケットはやっぱり、
圧縮しないままの保管が理想。

とはいっても、クローゼットがいっぱいだったり、
どうしても収納スペースがかさばって、
保管がしにくい場合もありますよね…。

やむを得ない場合は、安価なダウンなら圧縮して保管しましょう。

ちなみに、高価なダウンジャケットは、
フェザーも多く使われているため、
絶対に圧縮して保管しないようにしてくださいね。

圧縮袋に収納して服がしわしわになったときの対応

圧縮袋に収納していた服を取り出してみると、
しわしわになってしまっていることがありますね…。

でも、諦めるのはまだ早い!

実は、圧縮袋による衣服のシワを簡単に伸ばす方法があるので、
それを説明していきますね。

圧縮袋に保管してシワシワになってしまったダウンジャケットは、
霧吹きで全体を満遍なく湿らせたら、
乾燥機に入れて10分ほど乾かしてください。

するとシワがキレイに伸ばせますよ。

コツとしては、ダウンジャケットをシミにならない程度に、
全体に霧吹きで水をかけ、湿らせておくこと。

濡らし過ぎると乾きにくくなるので、
全体が軽く湿る程度にしておくといいですよ。

乾燥機を持っていなかったり、近くにコインランドリーがない場合は、
ドライヤーの温風を当てて乾かしていきましょう。

そうすれば、ダウンジャケットはもちろん、
圧縮袋にしまっておいたためにしわしわになってしまった冬服も、
しっかりしわを伸ばせますよ。

超簡単だし驚くほどしわがキレイになるので、
ぜひ試してみてくださいね。


スポンサーリンク

ダウンジャケットの収納方法 どうやってしまう?

ダウンジャケットのおすすめ収納方法をまとめてみました!

ダウンジャケット用収納袋に入れる

かさばるダウンジャケットは、
専用の収納袋に入れて保管しましょう。

ホームセンターや通販、100円ショップなどで、
ダウンジャケットなど羽毛衣類専用の収納袋があるので、
それに入れてしまえば、型崩れしたり、
ふんわり感を損なうことなく保管できますよ!

確かにこれならからばらないし、
安心してダウンジャケットを保管できますね!

羽毛製品収納ボックスに入れる

ダウンジャケットや寝具など、
羽毛製品専用の収納ボックスもあるんですよ。

かさばるダウンジャケットが複数あっても、
しっかり収納できるしもちろん型崩れしない、
おすすめのアイテムです。

衣類の数を思い切って減らす

ダウンジャケットは軽くて暖かいけれど、
どうしてもかさばりますよね。

そんな時は今一度、持っている服をチェックして、
もうあまり着ていないものがあれば、
処分するなど手放してしまうと良いですよ。

例えば、衝動買いしたけれど1度も袖を通していない服とか、
サイズが合わなくなった服などは、
残しておいてもしょうがないので、
捨てたり売ったりするのがおすすめ。

そうすれば、クローゼットの中もスッキリするので、
ダウンジャケットを圧縮して保管しなくても、
問題なく収納できますね!

まとめ

ダウンジャケットは安価なものでしたら、
圧縮袋に入れて保管しても良いですが、
なるべく型崩れさせないためにも、
専用の収納袋やボックスにいれておくと良いですよ。

また、もしダウンジャケットがシワになってしまったら、
霧吹きで湿らせてから乾燥機にかけたり、
ドライヤーの温風を当てるようにしましょう。

あわせて読みたい

1,ダウンコートの洗い方洗濯機で洗うには?袖口汚れや襟汚れの落とし方も

2,冬服の収納に圧縮袋を利用して衣替え 衣類は傷まない?防虫剤は必要か?

3,ベビー服を圧縮袋で保管する防虫剤は必要か?長期収納のメンテナンスは?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました