風が強いというのは風速何メートルくらい?自転車乗ったり洗濯物干せる?

風 強い 風速何メートル 生活

風が強いというのは風速が何メートル吹く時なんでしょうか?

イマイチ風の強さってよくわからないですよね。

また、風が強くて自転車が前に進まない時はどうすれば上手く漕げるもの?

洗濯物も風が強い日は飛ばされないか心配ですよね。

そこで今回は、風は風速何メートルで強いのか、
具体的なイメージとその時の自転車の漕ぎ方、
また洗濯物が飛ばされないための対処法を紹介します。

スポンサーリンク

風が強いのは風速何メートルくらいから?具体的なイメージが知りたい

ズバリ、風速10メートルからが風がとても強いということになります。

でも、風速10メートルってどのくらい強いのか、
あまりイメージが出来ないですよね。

風速10メートルというのは、
傘が差せないくらいの強風と考えると良いでしょう。

そうイメージずると、相当の強風ということになりますよね。

これからは天気予報でも風速を伝えていたら、
風速10メートルを基準にどれくらい強いのか予想してみると良いかもしれません。

ちなみに、風速4メートル以下だと心地よさを感じるくらいの強さ、
ということになるので、そこまで強くないことがイメージ出来ますね。

風速何メートルだと自転車に乗るのが大変!?前に進まないときの漕ぎ方

自転車が漕ぎづらくなるのは意外にも風速5メートル!

普通に歩いている分には心地よい風なんですが、
自転車だとゆっくり漕がないと走れないため速度を出すことが出来ません。

つまり風速5メートル以上と前日の天気予報で言われていたら、
翌日はなるべくサイクリングをしたり、自転車に乗るなどは避けた方がおすすめ。

それでも通勤や通学などで自転車に乗らないといけない場合もありますよね。

でも風が強くて前に進まない時は、以下のコツを押さえて漕ぐと良いですよ。

姿勢は低くする

強い向かい風の中、自転車を漕ぐ際はなるべく姿勢を低くすること。

まるで競輪選手みたいに低姿勢で漕ぐと良いということですね!

実は姿勢を低くすることで、体が風を受ける面積が少なくなるので、
体を起こしている状態よりも幾分か漕ぎやすくなりますよ。

というわけで風が強い日は、競輪選手になった気分で漕いでみましょう。

風でなびかない服装をする

上着やシャツのボタンを開けていたり、
女性ならひらひらした服装をしていると、
風を受けた時になびいてしまい、漕ぎづらくなってしまいます。

そのため、風速5メートル以上の日は、
上着やシャツはしっかりボタンを閉めて、
女性は特に、できるだけ風になびかない格好をするのが良いですよ。

ギア数を軽くする

坂道を上る際もそうなんですが、ギア数を軽くしておくことで、
回転数が上がるので向かい風でも漕ぎやすくなるでしょう。

以上が強風の際の漕ぎ方のコツなので、
風速が5メートル以上でも、ぜひためしてみてくださいね。


スポンサーリンク

洗濯物は風速何メートルぐらいで干すのをやめた方がいい?強風の日の干し方のコツ

強風の日って、洗濯物を干すのもためらってしまいますよね…。

基本的に風速5メートル以上だと、洗濯物はしっかり留めておかないと、
飛んで行ってしまったり下に落ちたりしてしまうので気を付けたいものですね。

ということで続いては、風が強い日でも洗濯物が飛ばされない、
おすすめの干し方のコツをまとめました。

グリップハンガーを使う

ただ引っかけるだけのハンガーで物干し竿に干してしまうと、
当然ハンガーごと落ちてしまいますよね。

そのため、竿にしっかりと挟んで固定する、
グリップハンガーでシャツなどを干すようにしましょう。

また、ハンガーホルダーやハンガーストッパーも、
風が強い時に安心な洗濯用品ですよ。

シャツ類は肩の部分を洗濯バサミで留める

ハンガーを固定しておくことも大事ですが、
そこに干すシャツ類も、ボタンを開けて干すものや、
襟ぐりが広いもの、タンクトップなども、
肩部分の左右に洗濯バサミで留めておきましょう。

そうすればどんなに強風が吹いても安心ですよ。

ちなみに私はキャミソールを干す時も、
肩の紐部分を洗濯バサミでしっかり外れないように留めていますよ。

古くなった洗濯バサミは使わない

洗濯バサミって古くなると、留めておく力が弱まってしまいますよね。

すると強風が吹いたときに、ちゃんと洗濯バサミで留めてあっても、
外れてしまい洗濯物が飛ばされる場合も!

バスタオルやシーツなど大判のものを干す洗濯バサミは特に、
留めておく力が強い頑丈で割と新しいものを使う用にしましょう。

そうすれば強風の日でも洗濯物が安全に干せますよ!

まとめ

強い風は風速10メートルからで、
だいたい傘が差しにくくなるくらいのイメージでとらえてOKです。

ただ、体感的には心地よくても、
風速5メートルでも自転車を乗るのが難しかったり、
洗濯物が飛ばされる可能性が出てくるんですよね。

そのため、風速5メートル以上の日は、
姿勢を低くして自転車を漕ぎ、なるべく風になびかない服装をしましょう。

洗濯物も、グリップハンガーやしっかりとした洗濯バサミを使ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました