バイク街乗りの場合の服装夏はどうしてる?暑さ対策や熱中症が心配

バイク 街乗り 服装 夏 生活

バイクを街乗りする場合、夏場はどんな服装が良いんでしょうか?

ジャケットを着たりヘルメットをしていると、
真夏は熱中症になってしまいそうで心配ですよね。

今回はバイクを買って初めての夏を迎える、
新米バイカーのためにおすすめの暑い時期の服装と、
ベストな熱中症対策を紹介します。

スポンサーリンク

バイク街乗りの時の服装 夏場はどんな格好?

たとえ街乗りであったとしても、夏場でも肌を露出しない服装が安心なので、
半袖短パンは避けた方が良いですね。

街乗りであれば、男女問わず長袖Tシャツ1枚とジーンズでOK!

ただ、街乗りってヒートアイランド現象で、
場所によってはかなり灼熱地獄バリの暑さを感じるでしょう。

そこで、長袖Tシャツの下に必ず、
吸汗性と速乾性に優れたインナーを着ておくのがベスト。

汗をかいても不快になりにくいし、
臭いも抑えられて安心ですよ。

もちろん、お出かけ前には制汗剤を使っておくのもおすすめ。

ちなみに街乗りに限らず、ツーリングの場合でも、
吸汗性や速乾性に優れたインナーを着ておくのが安心。

ツーリングで山へ行ったりすると、
気温がガラリと下がることがありますよね。

そんな時に汗まみれの体や衣服だと体温が下がって風邪をひいてしまうので、
体調を崩さないためにも、しっかりと機能性に優れたインナーを着ておきましょう。

ちなみにツーリングの際は、
ジャケットとズボンとグローブを通気性の良いメッシュタイプにすればOK!

走行中は風が入り込んでくるので、
メッシュタイプだととても涼しいんですよ!

ヘルメットはあごの部分まで覆われない、
ジェットヘルメットが暑い時期にはおすすめなんです。

ただし、夏場は顔に虫が飛び込んでくることもあるので、
シールド付きのジェットヘルメットが安心ですよ。

夏のバイクの暑さ対策どうしてる?

夏場は通気性の良い服装をしていても、
信号などで停まっている最中、ものすごく暑くて大変ですよね…。

そこで、バイカーさんにおすすめの暑さ対策方法をまとめました。

ネッククーラーを使う

真夏にバイクに乗る際は、首回りを冷やすアイテムがあると安心。

そこで、ネッククーラーなどを首に巻いておきましょう。

暑さも和らげられるし、熱中症の対策にもなりますよ。

エアーインテークを装着する

エアーインテークとはジャケットその袖口に装着することで、
走行中、風をよりジャケット内に取り入れられるので、
より涼しく感じることが出来るアイテムです。

夏場でも頻繁にバイクに乗るなら、ぜひ購入を検討しておくといいですよ。

ヘルメットインナーキャップをかぶる

ヘルメットの中もかなり蒸れて暑くなりますよね。

そんな時におすすめなのが、
速乾性のあるインナーと同じ素材でできたインナーキャップ。

インナーキャップをかぶってからヘルメットを装着すれば、
頭皮が汗で蒸れてしまうこともなくとても安心です。

最近はバイク用品でも色々と暑さ対策になるアイテムが多いんですね!

ぜひ暑さが気になり出したら、
バイク用品店に行って、熱中症対策グッズを揃えておきましょう。


スポンサーリンク

夏のバイク 熱中症にならないか心配

夏にバイクに乗っていると、やっぱり熱中症が気になりますね。

予防のためにも、極力バイク用の暑さ対策グッズや、
メッシュタイプの装備を使い、すぐに水分が補給できるよう、
飲み物も持ち歩くようにしましょう。

長時間の走行は控えて、ツーリングに行く場合も、
適度は休憩を挟むことがベストです。

また、体調が少しでも悪くなったら、
必ず運転をやめてどこか涼しい場所で休憩をしましょう。

朝から体調が悪い場合も、
無理してバイクで遠乗りするのも避けた方が良いですね。

特に寝不足の場合は要注意!

熱中症になりやすいし、
何より走行中に眠くなったりしたら大変ですよ。

夏場は出来れば、体力をしっかりつけて、
体調も万全にしてバイクに乗るのがいいですね。

まとめ

夏場にバイクを街乗りする際、服装は長袖Tシャツと長ズボン、
そして速乾性や吸汗性のあるインナーを着ておくのが安心。

ツーリングの際はメッシュタイプのジャケットとズボン、
グローブがあると何かと安心ですね。

あとはネッククーラーやエアーインテーク、
インナーキャプなどで暑さ対策をしましょう。

熱中症にかからないためにも、
水分補給と適度な休憩を挟むようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました