夏の暑さ対策に雨戸を効果的に使おう!カーテンを閉めるだけより涼しいの?

夏 暑さ対策 雨戸 生活

夏の暑さ対策には雨戸って効果的なんでしょうか?

直射日光が入って暑くなってしまう部屋は、
雨戸を閉めた方が涼しくなりそうな気がしますよね。

でも雨戸をずっと閉めておくのって、ちょっと抵抗がありませんか?

ご近所からの目もやっぱり気になってしまうし…。

そこで今回は、夏の暑さ対策に雨戸は本当に有効なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

夏の暑さ対策に雨戸を閉めるのは効果ある?

夏の暑さはずばり、間取りによっては雨戸を閉めることに効果があります。

たとえば南向きの間取りの部屋は、
夏場になると直射日光が差し込んでくるので、
室内がとっても暑くなってしまい、窓を開けようが変わらないし、
エアコンを付けても十分に効かないこともあるんですよ!

日差しをシャットアウトするためにも、
南向きなど日当たりが良すぎる部屋に関しては、
雨戸を使ったうえでエアコンを稼働させるのが一番なんですね。

ただ雨戸を閉めただけでは、日差しを遮られるので、
室内の気温が上昇するには抑えられるけれど、
気温が下がっていくわけではないので、
きちんとエアコンを使っていきましょう。

逆に雨戸閉めずにそのままだと、
日差しがずーっと差し込む状態になるので、
部屋の温度は暑いままなのでとても厄介。

我が家の2階も日当たりがすごく良いのは助かるんですが、
その分、熱がこもりやすく、1階との温度差がかなり激しいんですよね…。

でも我が家の2階には雨戸がついてないので、
基本そのままでカーテンだけ閉めた状態です。

夏場カーテンと雨戸ならどちらが涼しい?

夏場の暑さ対策に遮光や遮熱効果のあるカーテンを使う、
という手もありますが、それよりもやっぱり雨戸を閉めた方が効果的ですよ。

というのも、カーテンだと性能がよくても、
薄い布一枚だけなんですが、雨戸を閉めれば室内が三重構造になるため、
外の熱い空気をより遮断できるんです。

もちろんそこまで日差しが差し込まない間取りの部屋でしたら、
遮熱や遮光カーテンでも良いんですが、より確実に遮熱し、
外気から断熱したい場合はやっぱり雨戸も使うと良いですね。

ただ、雨戸を閉めると換気が出来ないし、
何より室内が暗くなってしまいます…。

もし雨戸がどうしても閉められないのでしたら、
やっぱり遮光や遮熱効果のあるカーテンを取り付けるといいですね。

まだ、すでに窓が三重構造になっているのでしたら、
外気の暑さは基本シャットアウトされるので、
あえて雨戸を使わずに日差しだけをカーテンで遮断すれば問題ないでしょう。

ということで、間取りはもちろん、窓の構造や、
雨戸を閉じて暗くなったら困る部屋かどうかも考慮して、
カーテンか雨戸が選ぶと良いかも!

リビングがずっと真っ暗で日中も電気がついたままなのは、
あまりよろしくないですからね。

でも寝室とかなら、日中はあまり使わないから、
雨戸を閉じておいても良いかもしれません。

その方が日中の熱を遮断出来て、夜寝る時も、
熱気が部屋にこもる心配もないでしょう。


スポンサーリンク

夏に真昼間から雨戸を閉めっぱなしはご近所さんの目が気になる

いくら暑さ対策になるとはいえば、真昼間から雨戸を閉めた状態だと、
ちょっとご近所さんからの目が気になってしまいませんか?

ほとんどの人は他人の家の窓は基本的に注目しませんが、
近所に噂話好きの女性がいたりすると、目ざとく人の家の窓を見たりしますよね。

そうなると、引きこもりがいるんじゃないかとか、
あらぬ噂を立てられてしまいそうでとっても不安です…。

それを回避するためにも、あらかじめご近所の方と話す機会があった時に、
日差しが当たって暑くてたまらないから雨戸を閉めることにした、
という旨をさり気なく話しておくと良いですよ。

もしくは、まだ日差しが強くない時間帯だけは雨戸をあけておいて、
日が高くなってからや外出前に雨戸を閉めるようにしましょう。

そうすれば、ずっと雨戸を閉めたままの状態ではなくなるので、
ご近所であらぬ噂を立てられる心配もありませんよ。

他人の家のことに逐一敏感で、
しかもそれを他人にペラペラ話す暇人がいたりすると本当にこまりますよね!

でも、別に後ろめたいことをしているわけではないので、
堂々としていて、あらかじめご近所には事情を話しておけば安心ですよ。

まとめ

夏の暑さ対策には雨戸を閉めるのはとっても有効。

特に南向きの部屋だと熱がこもりやすいので、
雨戸を閉めることで遮熱と遮光の効果を得られますよ。

ただ、どうしても雨戸を閉められないなら、
遮光カーテンを取り付けるのが良いですね。

また、ご近所の目が気になる場合は、
本当に日差しが強い時間帯だけ雨戸を閉めること。

そうすればずっと雨戸を閉めていることにはならないでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました