毛布の洗濯ネットなしでも洗えるの?洗濯ネットを使うのはなぜ?

生活

寒くなってそろそろ毛布の季節ですね。

最近はご家庭の洗濯機で洗える毛布も登場してきました。

でも、毛布の洗濯の方法をご存知ですか?

洗濯機での毛布の洗い方を検索してみると「毛布は洗濯ネットに入れてから!」という見出しがたくさん見つかります。
でもひざ掛けくらいの大きさならともかくシングルベッドサイズの毛布が入るような大きな洗濯ネットなんて用意してませんよね。
そういう時はどうしたらいいんでしょうか? 調べてみました。

スポンサーリンク

毛布の洗濯ネットなしでも我が家は問題なかったです

「洗濯機で毛布を洗う時、ネットに入れますか?」とアンケートしたところ、こんな答えになりました。

「ネットに入れずそのままやっています」
「そのままでやっています。別にネットに入れようと変わらないし…」
「ネットに入れないでも問題なかったのでそのままです」
「入れたほうがいいのかもしれませんが、なくても十分洗えるのでそのまま洗っています」
「ネットに入れると汚れ落ちが悪そうな気がするから入れない」

だいたいが「ネットなしでも問題なかったのでそのまま洗っている」という答えでした。

毛布の洗濯 ネットに入れるのはこんな理由

毛布をネットに入れるのはいくつか理由があります。

大きな理由としてはは、ネットに入れることで内部の重さの偏りをなくすということです。
そのまま放り込んで洗濯機を回すと、水分を吸って重くなった毛布が偏って、洗濯槽が回らなくなり、洗濯機の故障につながりやすいです。
なのでそれをなくすためにネットに入れるということですね。

また、表面の荒れや抜け毛を防止する目的もあります。
毛布をネットに入れる派の理由にも「そのままだと毛並みが悪くなってしまうので」とあったので納得です。

スポンサーリンク

毛布の洗濯 頻度 我が家の場合はこんな感じです。

では毛布の洗濯の頻度はみんなどれくらいなのでしょうか?
アンケートの結果、最も多かったのは「月1回」でした。
季節の変わり目や1シーズンの終わりに洗う派もいました。そういう人は除菌スプレーや掃除機などで汚れないよう工夫しているようです。
また、毛布にカバーをかけるなどして肌に直接触れないようにしているのでそもそもそんなに汚れないから1シーズンに1回洗濯で十分という意見もありました。

毛布は肌触りを楽しむものでもあるのに、カバーなんて!と意外に思うこともありますが、カバーをすれば汚れ防止、劣化防止にもなって便利です。
こちらのカバーはカーゼ素材なので、軽くて保温性もあり、毛布の良さを邪魔することなく、長く毛布を使うことができて便利です

↓ ↓ ↓

まとめ

アンケートで一番多い結果をまとめると、だいたい1シーズンか1ヶ月に1回洗濯し、洗濯の時にはネットに入れずそのまま洗うとなりました。

ネットに入れる・入れない、洗濯の頻度も重要ですが、そもそもお使いの毛布が洗濯機で洗えるものなのかちゃんとチェックしましょう。
二枚合わせ毛布、厚手毛布などは注意が必要です。

洗う時には毛布の洗濯表示マークをしっかりチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました