ビルケンのサンダルの足跡が恥ずかしい!お手入方法や防止法は?修理できる?

ビルケン サンダル 足跡 生活

ビルケンシュトックのサンダルを履いていると、
中敷きに足跡ができてしまい、脱ぐのが恥ずかしいですよね…。

この足跡汚れはどうにかしてキレイに消す方法はないんでしょうか?

なるべく長持ちさせたいから、
足跡がつかない予防法などもしておきたいところ。

そこで今回は、ビルケンシュトックのサンダルについた、
足跡汚れを落とす方法やその予防法、
また、定期的しておきたい、お手入れの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

ビルケンシュトックのサンダルの足跡汚れをキレイにする方法

ビルケンシュトックのサンダルを履いているうちに出来てしまった、
インソールの黒い足跡汚れ…。

でもこれは靴専用の洗剤があれば、キレイに落とすことが出来ますよ。

おすすめなのはJASON MARKKという靴用洗剤を使うこと。

付属のブラシでこすれば汚れもしっかり落ちるので、
個人的にもかなりイチオシのアイテムです。

通販サイトはコチラ。

では、ビルケンサンダルの洗い方を詳しく解説しますね。

まず付属のブラシを水で濡らし、洗剤を適量つけてください。

そして、もう一度水を軽くつけたら、
足跡汚れの部分をブラッシングして洗っていきましょう。

十分汚れが落ちたら、水で濡らして硬く絞った柔らかい布で、
洗剤部分を拭き取っていってくださいね。

もしまだ汚れが落ち切っていないようでしたら、
再度ブラシに水と洗剤をつけて汚れ部分をこすり、
布で洗剤を拭き取ると繰り替えてしてください。

そうすれば汚れがスッキリ落とせますよ。

洗剤のラベル裏にも使い方が記載されてあるので、
その通りに洗えばまず間違いないでしょう。

キレイになったら、風通しの良い日陰で自然乾燥させておけばOKです。

サンダルの足跡汚れをキレイに落とすには、
やっぱり専用の洗剤が必要なので、
ぜひ洗剤を購入しておくと良いですね。

ビルケンの足跡汚れの防止方法

ビルケンのサンダルの足跡汚れを防止するには、
こまめに洗うのがおすすめですね。

サンダルのインソール部分は起毛タイプのスエード素材になっているので、
とっても汚れやすいんですよ。

そのため、定期的にお手入れをしていくことで、
足跡ができにくくなりキレイを保てます。

先ほど紹介したサンダルの洗い方は、
本当に汚れが気になった時で大丈夫なので、
ヌバックボックスというスエード用のクリーナーを使うと良いですね。

ちなみに私のおすすめとしては、
ビルケンのサンダルを長持ちさせ、
大切に履いていきたいなら、
『ビルケンクリーニングセット』を購入すること。

ヌバックボックスや汚れを落とすのに最適なローションなど、
お手入れに必要なものがセットになっているので、
サンダルをピカピカにキープすることが出来ますよ。

ビルケンクリーニングセットの通販サイトはコチラ。


スポンサーリンク

ビルケンのサンダルは修理や交換は可能?

ビルケンのサンダルのインソールに出来た汚れがひどく、
洗っても落ちなかったり、壊れてしまった時は、
修理やインソールの交換をしてもらうのが良いでしょう。

実はビルケンでは、サンダルのインソールが汚れてしまった場合、
なんとビルケンシュトックの正規店に持っていけば、
2,700円でインソールのクリーニングをしてくれるんですよ!

自分でお手入れするのが難しい場合は、
ぜひビルケンシュトックの店舗に持っていって、
インソールのケアをしてもらうと良いですね。

もちろんインソールのケアだけでなく、
壊れた場合の修理も受け付けてくれるので安心!

修理してもらいたい場合は、
ビルケンシュトックのサンダルの販売店まで持っていきましょう。

ちなみに、修理費用は破損個所によって異なるので、
詳しくはビルケンシュトックのホームページをチェックしてみてください。

お気に入りのビルケンサンダルが壊れても、捨ててしまう必要はないので、
ぜひ修理を利用して長く履いていくと良いですね!

まとめ

ビルケンのサンダルに出来た足跡汚れは、
靴専用の洗剤を使って洗うとキレイになります。

日々のお手入れ時にも必要なものが揃った、
ビルケンクリーニングセットを購入しておくと、
汚れを落とす時や汚れ防止のためにも使えて便利ですよ。

また、あまりにも汚れがひどい場合や、
壊れてしまった時は販売店でインソールの交換や修理を依頼しましょう!

あわせて読みたい

1,サンダルを履くとペタペタ音がするのが気になる原因は汗?防止方法は?

2,ビルケンのサンダルが濡れたらどうする?雨や海にはやめたほうがいい?

3,サンダルが壊れるのは歩き方が原因?壊れにくい歩き方と修理方法も

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました