アスパラの下処理は炒める場合やベーコン巻きは下茹で必要?シチューの下処理も

アスパラ 下処理 炒める場合 料理

アスパラを炒めたり煮込んだりする場合って、
下処理として茹でておいた方が良いんでしょうか?

でも加熱のし過ぎは、
アスパラの食感を損ないそうですよね…。

そこで今回は、アスパラを煮たり炒める場合、
下茹では必要なのかどうかを解説します。

スポンサーリンク

アスパラの下処理は炒める場合は下茹でするの?

結論からいうと、炒め物に使う場合は、
アスパラを下茹でしなくて大丈夫です。

実は、アスパラを下茹でしてから炒めてしまうと、
加熱のし過ぎになってしまうんですよね。

すると、アスパラを食べた時に、
ものすごく食感が悪くなります。

炒め物をする時は、アスパラの根元を切り落とし、
下部分をピーラーで皮を剥き、食べやすい大きさにカットしたうえで、
炒めていくと良いですよ。

下茹ではいらないけれど、この根本を切り落とし、
下部分の皮を剥くという下処理は、
炒め物でもしっかりおこなっておきましょう。

アスパラベーコン巻きは下茹で必要?

アスパラベーコンを作る場合は、炒め物と違い、
下茹でが必要になってきます。

というのも、やっぱりベーコンに巻かれてしまうと、
アスパラに火が通りにくくなってしまうんですよね。

時間をかけずにアスパラベーコンを作るためにも、
まずはアスパラを下茹でしておいてから、
ベーコンを巻いて焼くといいですよ。

確かに、ベーコンに限らず、肉巻きにした野菜って、
なかなか火が通らないんです…。

私も豚バラ肉で肉巻きを作りますが、
よーく加熱しないと中まで十分に加熱できなくて、
時間がかかってしまうこともしばしば。

アスパラベーコンを作る時は下処理をしてから、
フライパンにお湯を沸かします。

沸騰したお湯に塩を少々入れて溶かしてから、
アスパラを茹でていきましょう。

鍋よりもフライパンで茹でた方が、
アスパラがすっぽりと収まるのでおすすめですよ!

アスパラの茹で時間はだいたい30秒ほど。

この後、ベーコンを巻いて更に加熱するので、
あまり茹で過ぎないようにしてくださいね。

茹でたアスパラはお好みの大きさにカットしてベーコンを巻き、
つまようじなどで固定して焼いていくといいですよ。

アスパラベーコンって、お弁当のおかずにもなるので、
すごく便利ですよね。


スポンサーリンク

アスパラをシチューに入れる時の下処理方法

アスパラをシチューなど煮込み料理に入れる場合も、
下茹でをしておくのがベスト。

ただし注意しないといけないのは、
下茹でしたアスパラをグツグツ煮込んでしまうこと。

アスパラの食感をしっかり楽しむのでしたら、
茹でたアスパラはシチューが完成してから入れるようにしましょう。

つまり、シチューのトッピングとして、
茹でたアスパラを入れると良いんですね。

そうするとアスパラ特有の食感も損なわないので、
美味しく食べられます。

アスパラをシチューに入れた状態で、
グツグツ煮込んでしまうと、
クタクタの食感になるので注意しましょう。

シチューに入れる場合のアスパラはまず、
ベーコンで巻く時と同じように下処理してから茹でていきます。

ただし、シチューのトッピングとしてアスパラを使う場合は、
この後に火を通さないので、1分半~2分ほど茹でると良いですよ。

茹で方は先ほどと同じように、
フライパンで沸騰させたお湯に塩を入れて、
そこにアスパラを根本から投入。

先に根本を10秒ほど茹でてから、
全体をお湯に浸して茹でていきましょう。

茹でたアスパラはとっても色鮮やかになるので、
シチューもきっといつもより華やかになると思いますよ!

まとめ

アスパラを炒め物にする場合は、
下茹ではしなくてOK!

ただし、根本を切り落としたり、
下部分の皮を剥いておくことは忘れずに。

アスパラベーコンは30秒ほど茹でてからがいいですね。

そしてシチューの場合は、
1分半~2分ほど茹でたアスパラをトッピングするのがベストですよ。

あわせて読みたい アスパラの茹で時間は何分が最適?固めにしたい時は?茹ですぎた場合も

あわせて読みたい 春野菜に関するギモン一覧まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました