レンコンパウダーが溶けない!溶かし方や飲み方は?ご飯に使ってもいいね

レンコンパウダー 溶けない 料理

花粉症に効くと噂のレンコンパウダーですが、
いざお湯に溶かして飲もうと思っても、
溶けにくくて困ってしまうこともしばしば。

どうしたら飲みやすいように溶かすことが出来るんでしょうか?

また、レンコンパウダーは料理に混ぜてもOKなもの?

今回はレンコンパウダーの飲み方や、
食べ物に混ぜて摂取する方法を解説します。

スポンサーリンク

レンコンパウダーが溶けない!溶かし方は?

花粉症や喘息など、
アレルギー対策に有効と評判のレンコンパウダーは、
水に溶かして飲もうとすると、
全然溶けなくて困ってしまう人続出…。

でも、結論からいうとズバリ、
レンコンパウダーは水に溶かすことが出来ません!

というのもレンコンパウダーは、
レンコンそのものを細かく砕き、
粉状にしたものであり、水に溶けないんです。

レンコンは水に入れても溶けませんよね。

これがもし、レンコンの成分を抽出したパウダーだったら、
水に溶けるかもしれませんが、レンコンパウダーは、
形状こそ粉末だけれど、あくまでもレンコンそのものなので、
水やぬるま湯に溶かすことが出来ません。

どうしても溶かすとなると、
レンコンパウダーと水を鍋に入れて、
よーくグツグツと煮ていかなければいけなくなります。

ということで、レンコンは薬とか青汁みたいに、
そのまま溶かして飲む、という方法はやめておきましょう!

レンコンパウダーの飲み方や食べ方は?

レンコンパウダーは水やお湯に溶かすことはできませんが、
小さじ1杯というごく少量を、熱々の飲み物に入れれば、
多少は溶けて飲みやすくなります。

特におすすめなのは、生姜湯やコーヒー、
味噌汁やスープに混ぜて飲むこと。

レンコンパウダーをコーヒーに入れる!?と驚かれるかも知れませんが、
小さじ1杯くらいのレンコンパウダーでしたら、
コーヒーに入れてもほとんど風味が変わりませんよ。

またスープや味噌汁に入れた場合でも、
レンコン風味になることはありませんので、
野菜嫌いのお子さんも気づかずに飲んでくれます。

ただし、レンコンパウダーを入れると、
多少とろみがついてしまうんですよね。

そのため、レンコンパウダーをたくさん入れてしまえば、
スープや飲み物がドロドロになって美味しくなくなるので、
くれぐれも分量は気を付けましょう!

でも、このとろみがつく、という性質を利用すれば、
よりレンコンパウダーを摂取しやすくなります。

そこで、レンコンパウダーを片栗粉代わりとして使いましょう!

あんかけや麻婆豆腐など、とろみが必要な料理を作る時に、
片栗粉ではなく、レンコンパウダーを使ってみてください。

するとちゃんととろみがつくし、料理の味が変わることもないので、
安心して食べられますね!

このほかにも、レンコンパウダーをヨーグルトに混ぜたり、
バターを塗ったトーストに振りかけても美味しく食べられますよ。

また、お好み焼きやたこ焼きなどの粉物料理の生地に加えたり、
ハンバーグや肉団子などのひき肉料理のつなぎとして使ってもOK!


スポンサーリンク

レンコンパウダーはご飯に使ってもいいね。

レンコンパウダーはなんと、
ご飯に使ってもOKなんです。

米3合に対して、レンコンパウダーを10gほど入れてから、
いつも通り炊飯しましょう。

すると、レンコンご飯が完成するので、
レンコンパウダーの栄養もしっかり摂取できますよ。

意外とレンコンパウダーって、
色々な使い道があるんですね!

これなら日々のお料理に摂り入れていけるかも!

ちなみに、パンを作る際、
生地にレンコンパウダーを混ぜてもOKなんですよ。

主食でもおかずでも、レンコンパウダーを使えるのでかなり便利。

レンコンパウダーは免疫力もアップして花粉症にもよく効くので、
ぜひ食事に摂り入れていきましょう!

まとめ

レンコンパウダーは水に溶けないため、
青汁みたいにして飲むのはNG!

コーヒーや生姜汁、汁物に小さじ1杯だけ入れて、
飲むようにすると良いですよ。

また、粉物やひき肉料理のつなぎや、
片栗粉代わりとして料理に使うのもおすすめ。

お米に加えて炊飯してもOKなので、
色々な料理に活用してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました