生チョコ作り牛乳だと固まらない!代用で使うための簡単レシピを紹介

料理

チョコレートといえばバレンタインですよね。

生チョコを贈ろうと考えている人もいるのでは?

でも、生チョコを作るための生クリームが手に入らなかった! という場合どうしたらいいのでしょう?
生クリームを牛乳で代用できるのか? ということを調べてみました。

牛乳以外に代用できるのは?

スポンサーリンク

生チョコ作り牛乳だと固まらない!どうしたらいい?

生チョコが固まらない場合にはいくつかの原因があります。
まず基本的なチョコレート作りの失敗点として、湯煎の時の温度が高すぎる、湯煎の時にお湯が入ってしまったというのが挙げられます。
チョコレートはデリケートな素材のため、ちょっとしたミスでも失敗してしまいます。

他にはチョコレートと牛乳の比率が合っていないことにあります。
生クリームの代わりにそのまま牛乳で代用するとチョコレートは固まりません。
それは生クリームと牛乳は違うものだからです。牛乳で代用する時は生クリームと牛乳の違いを念頭に入れなければなりません。
牛乳で代用する時には牛乳を使う時の比率を覚えなければなりません。

生チョコ作り牛乳だと代用できないの?

さっきも言ったように、生クリームと牛乳は違うものです。
その違いとは、乳脂肪分の割合です。生クリームの方が乳脂肪分が多いのです。
そのため、乳脂肪分の少ない牛乳を使うと水っぽくなってしまいます。

チョコレートは水分で固まってしまう性質があるため、水分量の多い牛乳を使うとチョコレートが分離してザラザラとしたものになってしまいます。

ですので、牛乳を使う時には牛乳自体の量を減らすことが必要になってきます。
レシピに書いてある生クリームの分量をそのまま牛乳で置き換えてしまうのはNGです。
使う時には牛乳の量を大幅に減らしましょう。

比率がきちんと守れていれば生クリームの代用として牛乳を使うのはOKです。


スポンサーリンク

生チョコを牛乳使用で簡単に作る方法は?

説明したとおり、牛乳の量を大幅に減らすことです。
生クリーム100ccと書いてあるレシピを牛乳で置き換える場合、牛乳100ccは絶対にNGです。
そのまま入れてしまうと生チョコどころかホットチョコレートみたいなものができてしまいます。

生クリーム100ccを牛乳で代用したい場合は、牛乳大さじ1~2杯くらいまで削減しましょう。

まとめ

・生クリームのかわりに牛乳で代用はできる
・が、牛乳では水分量が多いためチョコレートが分離してしまう
・チョコレートの分離を防ぐためには牛乳の量を少なくすること。

ということになります。
生クリームと牛乳の特性の違いを理解して失敗を防ぎましょう!
もし失敗してしまったらホットチョコレートにして飲んでしまいましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました