タケノコの白い粒は何?茹でた後白いのはなくなるの?取り方は?

料理

タケノコの水煮には、
なんだか白い粒みたいなものがついていることがありますが、
これは一体何なんでしょう?

カビや汚れ?食べても問題ない?

出来ればキレイに取り除いておきたいですよね。

そこで今回は、タケノコの水煮にある、
白い粒の正体とその取り方を解説します。

スポンサーリンク

タケノコの白い粒は何?

水煮のタケノコに付いている白い粒はズバリ、
チロシンというアミノ酸の一種なんです!

カビでも汚れでもアクでもなかったんですね。

タケノコってそもそも、チロシンを多く含んだ食べ物であり、
それを茹でたり水煮にすると、内側からチロシンが溶けだします。

そしてタケノコが冷めると溶けだしたチロシンが固まり、
白っぽい粒になって残ってしまうんですよ。

水煮のタケノコを買ってみて、
白い粒にびっくりした人もいるでしょうが、
チロシンは食べてももちろん害がありません。

というかむしろ、自律神経の乱れを整えたり、
代謝をアップしてくれるとっても体に良いものだったんですよ。

春先になると体調を崩してしまいがちな人もいます。

でもそんな時も、このチロシンを摂ることで、
季節の変わり目で乱れた自律神経を整えて、
免疫力を上げてくれるんですよ。

確かにタケノコって春が旬の食べ物です。

昔から日本では、チロシンがついた旬のタケノコを食べて、
春の不調を乗り越えていたんですね。

私もよく水煮のタケノコに白い粒があるのを見て、
一体何だろう?と思ってたんですが、
まさかとっても体に良いものだとは思いもよらなかったです。

たけのこを茹でた後は白い粒はなくなるの?

チロシンという白い粒は煮たり焼いたり炒めたりすると、
溶けて見えなくなってしまうんですよね。

そのため、チロシンがついていて、
見た目がちょっと気になったとしても、
調理をすれば問題ありません。

そういえば私も、タケノコを炒めてみると、
白い粒が気にならなくなっていました。

チロシンは体に良いものだけれど、
見た目が気になる場合はタケノコを加熱調理するのが安心。

でも、水煮をそのままの状態で食べることって、
あまりないですよね。

ただ、タケノコが新鮮なうちは、
チロシンはうま味成分なんですが、
問題は水煮にしてから時間が経った場合。

例えば、水煮にしておいたタケノコをすぐ使わず、
数日放置してしまうと、チロシンがアクになってしまい、
えぐ味のあるタケノコになってしまう場合もあります。

つまり、水煮のタケノコはすぐに使いきるのが良いんですね。

もちろん、スーパーなどで、
真空状態で売られているタケノコの水煮も、
開封したら早めに使いきるのがおすすめです。

たけのこの白い粒の取り方

最も効果的な白い粒の取り方は、
よく洗い流すことですね。

タケノコを調理しやすい大きさにカットしたら、
ザルに入れて流水でよく洗えばOK!

ただ、チロシンって細かい粒だし、
なかなか取れないことも多いので、
洗い流すのは結構大変かも…。

でも鮮度の落ちた水煮のタケノコであっても、
ちょっとくらい残っているくらいなら、
別に味に大きく影響することはないので、
構わず調理してしまいましょう。

要するにタケノコの白い粒はそこまで気にせずとも大丈夫。

もちろん、鮮度の落ちている水煮のタケノコについてるチロシンは、
出来る限り洗い流してしまった方が理想ですが、
それも忙しい中だとちょっと面倒ですよね。

私も今まで水煮のタケノコを調理していて、
白い粒を取り除いたことがありません。

完成した料理を食べても特に味も気にならなかったので、
手間取る場合は洗い流すのを省いてしまいましょう。

白い粒になったチロシンを必死に洗い流そうとすると、
調理も時間がかかるため、もし気になるのでしたら、
ササっと水洗いしてからタケノコを料理に使うと良いですね。

タケノコ水煮の保存期間は冷蔵庫でどれぐらいもつ?

タケノコの水煮の保存期間は、未開封で1年ほどです。
冷蔵庫に入れずとも常温で保存できます。

開封してしまったらなるべく早く使い切りましょう。
開封してしまったものを冷蔵で保存する時には、タッパーなどの密閉容器に水を張り、そこにタケノコの水煮を入れます。
水は毎日交換するようにしましょう。でなければ腐敗のもとになってしまいます。

空気に触れないようにすればいいので、ラップでぴっちりと包んでしまうという方法もOKです。
これだと水の交換が必要ないので楽ちんですね。


スポンサーリンク

タケノコ水煮は冷凍保存できる?解凍方法は?

水煮を冷凍保存する時には、あらかじめタケノコの水煮を千切り、輪切りなど細かく切ります。
水気をよく切ったらラップで小分けにし、ジップロック袋などで保存するようにしましょう。

使用する時は解凍せず、そのまま加熱して調理するといいでしょう。

タケノコの水煮を冷凍保存した場合の保存期間はだいたい1ヶ月ほどとなります。

まとめ

タケノコの白い粒はチロシンというアミノ酸が溶け出し、
それが固まったものなんです。

体に害はなく、反対に新鮮なタケノコのチロシンなら、
とっても健康に良いんですよ。

しかもタケノコを加熱すれば見えなくなるので、
安心してそのまま調理してOK!

どうしても気になる場合は、
流水で洗い流しておくといいでしょう。

あわせて読みたい たけのこ水煮はそのまま食べれる?刺身で食べるとおいしいの?

あわせて読みたい 春野菜に関するギモン一覧まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました