カレーピラフ弁当を前日準備したい!ドライカレーの場合は?夏でも傷みにくいってホント?

カレーピラフ 弁当 前日 料理

カレーピラフをお弁当に入れたい場合、
前日はどこまで準備を進めておくと良いんでしょうか?

朝は具材とご飯を炒めるだけにしておくべきか、
前日のうちに完成させておいた方がいいのか迷いますね。

ということで今回は、カレーピラフ弁当を作る場合の前日の下準備や、
ドライカレーは夏場に弁当に入れても良いのかを解説します。

スポンサーリンク

カレーピラフ弁当を前日にどこまで準備すればいい?

カレーピラフを弁当に入れたい場合は、
前日に具材を切っておき、ご飯も炊飯する場合は、
朝に炊けるようタイマーセットしておくと良いですね。

そして、朝は炊いたご飯と具材を合わせて炒め、
仕上げてからよく冷まし、弁当箱に詰めるようにしましょう。

もちろんお弁当を詰めたら保冷剤を添えておき、
食べるまではしっかり冷やしておくことを忘れずに。

また食べる直前も、レンジで1度チンしておくと良いですね。

もしくは、前日にカレーピラフを完成させておき、
粗熱を冷ましたら、冷蔵庫で保管しておきましょう。

そして、朝お弁当箱に詰めて保冷剤を添えて持っていっても大丈夫ですよ。

ただし、食べる時はちゃんとレンジでチンして、
中までしっかり加熱しておくと良いですよ。

チャーハンやピラフなど味付けしたご飯は、
絶対に常温で置いておかないのがポイント。

前日に作り置きしておいた場合も、
しっかり冷蔵庫で保存しておくようにして、
お弁当に入れてから食べるまでも、
保冷剤で常温にならないようにしておくと良いですね。

そして、念のため食べる直前はレンジで再加熱すること。

冷蔵保存して食べる直前は再加熱という2つのことをしっかり守れば、
弁当にカレーピラフを入れても大丈夫でしょう。

もともとカレーピラフはカレー粉を使うため、
傷みにくいので夏場のお弁当にもおすすめですね。

ドライカレー弁当の前日の下準備は?

ドライカレー弁当を作る場合もカレーピラフと同じように、
前日に具材を切っておき、ご飯も炊けているようにしましょう。

朝は具材とご飯を炒めて完成させ、
しっかりと冷ましてからお弁当に詰めるという手順でOK!

お弁当を持っていくときは保冷剤もお忘れなく。

前日の下準備だけでなく、しっかりと冷やしておくことも、
食べる直前にレンジで加熱しておくこともカレーピラフと一緒ですね。

ドライカレーもカレー粉を使っているため、
夏場でも傷みにくいですが、しっかり保冷をしておくことで、
より食中毒を発生させるリスクを下げられますよ!


スポンサーリンク

カレーピラフは夏弁当に入れても傷みにくいってホント?ドライカレーは?

先ほども少し触れたように、カレーピラフやカレードリアは、
カレー粉を使っているためとても傷みにくいんです。

実はカレー粉に含まれるウコン、つまりターメリックは、
強力な殺菌効果を持つので、食べ物を防腐する作用も持っているんですよ!

そのため、夏場のお弁当に入れるおかずやご飯には、
カレー粉を使うと傷みにくくなるといわれています。

夏場は炒め物をカレー風味にしたり、
ハンバーグのタネの中にカレー粉を混ぜておくと良いですね。

しかも、夏は暑さで食欲を失いがちですが、
カレー粉を使うことで食欲増進にもなって一石二鳥ですよ!

ちなみにカレー粉の他には、生姜、わさび、
お酢、大葉、梅干しなども殺菌効果を持っているため、
お弁当に使うと夏場でも食中毒を発生させにくいです。

ただし、殺菌効果のある食材や調味料を使っていても、
常温で放置してしまうと、やっぱり傷んでしまうことがあるのでご注意を。

殺菌効果のある傷みにくい食材や調味料を使うだけでなく、
前日に作っておいたものはしっかり冷蔵庫で保管し、
当日お弁当を持っていく際も、保冷剤を使って、
食べる直前まではちゃんと冷やしておくのが良いですね。

まとめ

カレーピラフやドライカレーをお弁当に入れる場合は、
前日に具材を切っておき、翌朝はご飯と炒めるだけまで準備しておきましょう。

もしくは前日にピラフを完成させておいて、
朝は詰めるだけにしておいてもOKですよ。

ただし、必ず作り置きしたら冷蔵庫に入れておき、
食べる直前までは保冷剤で冷やしておきましょう。

あわせて読みたい

1,オムライスお弁当前日の夜に準備できる?付け合わせや卵の包み方は?

2,そのほかのお弁当に関する記事はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました