オムレツ弁当の前日準備どこまでする?前夜に作って翌日に入れても大丈夫?

オムレツ 弁当 前日 料理

オムレツ弁当を作る時って、前日はどこまで準備しておくべき?

卵料理って傷みやすいと聞くから、
前日に完成させておくのはちょっと心配ですよね。

今回はそんな、オムレツをお弁当に入れる時のベストな方法や、
注意すべき点をご紹介します。

ぜひお弁当作りに活用してみるといいですよ。

スポンサーリンク

オムレツ弁当は前日にどこまで準備するのがいい?

オムレツ弁当を前日に準備するなら、
おすすめとしては具材を切っておいたり、
必要であれば炒めておくなど下ごしらえをしておくのが良いですね。

そして、翌日朝に卵と合わせて完成させればOK!

ただし、オムレツを完成させる際に絶対守らないといけないことがあります。

それは中までしっかりと火を通すこと。

確かに、ふわとろ卵ってすごく魅力的だけれど、
半熟だと傷みやすく、食中毒を起こすリスクも高くなるので、
オムレツはしっかりと十分に中まで加熱して作りましょう。

出来上がったオムレツは、粗熱を冷ましてからお弁当箱に入れましょう。

オムレツに限らず卵料理は、しっかり加熱をしておけば、
お弁当に入れても傷みにくくなるのでぜひ覚えておくと良いですよ!

オムレツを前夜に作って翌日お弁当に詰めても大丈夫?美味しく食べられる?

オムレツ弁当を前日に準備するのでしたら、
完全に仕上げてしまっても大丈夫ですよ。

ただ、卵料理は傷みやすいといわれるから、
前日にオムレツを作ってしまうのはちょっと心配な気もしますよね…。

前日にオムレツを作った場合でも、
中まで十分に火を通しておくことと、
粗熱を冷ましてから冷蔵庫で保存することを守れば、
食中毒を起こすリスクはかなり少ないです。

朝はどうしても準備が忙しくて、
お弁当を作っている暇がないのでしたら、
ぜひ前日に作っておいてしまうと良いですね。

ちなみに、オムレツ弁当を食べる際は、
レンジで再度加熱をすると良いですよ。

確かに卵がちょっと硬くなってしまいますが、
その方がより食中毒の危険性がなくて安心だし、
なにより温かい方が美味しく感じます。

ところで、お弁当にオムレツを入れる場合は、
しっかりと中まで加熱しないといけないので、
ふわとろ食感が好きな人には、あまりオムレツ弁当はおすすめできません…

オムレツも洋食屋さんで食べられるようなタイプよりも、
スパニッシュオムレツ系の方がお弁当に入れやすいですよ。

でもスパニッシュオムレツだと、具材を多めに入れられるので、
お弁当の彩りにもなって良さそうですね!


スポンサーリンク

レンチンオムレツならお弁当が簡単で美味しく食べられる

オムレツはフライパンで焼いて作るもの、
というイメージが強いですが、
実は電子レンジで超手軽に作れる方法もあるんですよ!

レンジでオムレツが作れれば、
焼きムラもなく中までしっかり火を通すのも簡単だし、
何より調理が手軽ですごく助かりますよね。

基本的な作り方として、耐熱皿に卵1個と調味料を入れてよく混ぜ、
レンジで約1分加熱します。

すると、卵が固まっているので、
ラップで包んで形を整えれば完成!

あらかじめ耐熱容器にラップを敷き、
その上に卵を溶いて調味料を混ぜてレンジでチンしてもOK!

そうすれば、下に敷いてあるラップでそのままオムレツの形を整えられます。

また、1度のレンチンではまだ半熟だった場合は、
菜箸で半熟玉を軽くかき混ぜてから、
再度加熱をするとちゃんと全体に熱が行き渡りますよ。

スパニッシュオムレツの場合は、
具材を角切りにして耐熱容器に入れて卵と調味料と混ぜ、
レンジで3分ほど加熱すれば出来上がりますよ。

もちろん、卵の個数によって加熱時間が多少変わってきますが、
だいたいは以上の作り方で簡単にオムレツが完成します。

確かにすごくお手軽なので、
お弁当作りにも活用できそうですよね!

より詳しいレンチンでオムレツの作り方は、
下記のサイトからチェックできますよ。

レンジで簡単! ほったらかしオムレツ【アリシー】

まとめ

オムレツ弁当を作るのでしたら、
前日に具材などを切っておき、翌朝焼いて仕上げるのでおすすめ。

ただしこの時、しっかりと中まで火を通しておきましょう。

前日にオムレツを作っておく場合も、
中まで加熱したら、冷蔵庫で保管しておくと良いですよ!

あわせて読みたい

1,オムライスお弁当前日の夜に準備できる?付け合わせや卵の包み方は?

2,そのほかのお弁当に関する記事はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました