黄砂が付着した車の洗車は水洗いとモップで取れる?黄砂付着の防止策は?

黄砂 洗車 水洗い 生活

黄砂が付着した車って、
水洗いしただけで落とせるものなんでしょうか?

モップを使ってしまうと傷がつきそうで怖いですよね…。

そこで今回は、黄砂が付着した場合の正しい洗車方法をご紹介!

あわせて、黄砂が車に付着しない予防方法も解説します。

スポンサーリンク

黄砂が付着した車の洗車は水洗いでいい?

黄砂で車が汚れてしまった時は、まず水洗いすること!

ただし、水洗いだけでは完全に黄砂を落とせないので、
最初に水で車の表面の黄砂や汚れを流してから、
カーシャンプーなどを使って洗車していくと良いですね。

ちなみに、黄砂が付着した時は、なるべく早めに洗車すること。

そうしないと、黄砂によってボディーにシミができたり、
傷ついて塗装が剥がれてしまうこともあるんですよ!

そのためにも最初にすべきことは水洗い。

ホイールの隙間や窓のふち、
ワイパーのゴム部分など細かいところまで、
よーく水をたっぷりかけていきましょう。

そして、しっかり水洗いをしてから、
カーシャンプーで洗っていきます。

カーシャンプーはケチらずに、
多めの量を使ってよく泡立てていってくださいね。

スポンジも最低2つは使った方が、
ボディーを傷つけずに済みますよ。

そして洗車の際は、車全体をカーシャンプーでまず泡だらけにしてから流す、
ではなく、車体の上の方を洗って、1度泡を流してから、
今度は車体の下部分を洗うなど、少しずつ洗っていってください。

よくすすいだら、最後はマイクロファイバーなど、
柔らかい繊維のクロスで拭きとれば洗車完了です。

黄砂ってどうしても車を傷つけてしまいやすいので、
面倒だけれど丁寧に水洗いしてから泡で洗っていく、
という方法しかベストな洗車手順がないんですよね…。

車体を傷つけたり、シミを作ってしまわないためにも、
黄砂はしっかりと洗い流していきましょう。

ちなみに、車をまず水洗いするときは、
ホースなどで水をかけていくのが一般的ですが、
ケルヒャーなど高圧洗浄機があれば、
それで車の表面に付着した黄砂を洗い流してもOKですよ!

車の黄砂はモップを使うと傷がつく?

車体やフロントガラスなどに黄砂がついてしまった場合、
モップで払うのは絶対にやめましょう!

モップを使ってしまうと、
黄砂でこすれて傷が出来てしまうことがあります。

車体についた黄砂を落とすには水洗いがいい、
といわれるのはこのためだったんですね。

もちろん、水洗いせずに、軽く水をかけただけで、
いきなりカーシャンプーでゴシゴシ洗車してしまうのも、
塗装などを傷つけてしまうので注意してくださいね。

とにかく黄砂が付着したら、
洗車の時も柔らかい素材で洗うのがベスト。

カーシャンプーの時も柔らかいスポンジを使い、
すすいだ後の水滴の拭き取りには雑巾ではなく、
繊維が細かく柔らかいマイクロファイバークロスを使うのがおすすめ。
出来る限り車体を傷つけないようにしましょう。


スポンサーリンク

車に黄砂が付かないように簡単にできる防止対策は?

車に黄砂が付着してしまうと、
洗車も大変だしとにかく厄介ですよね…。

そこでおすすめなのが、
洗車した後に、車体にワックスがけをしておくなど、
コーティング剤を使用するのがいいですよ!

本来でしたら、週に1回は洗車をするのが良いんですが、
正直洗車ってすっごく面倒ですよね。

なので黄砂から車を守りたいのでしたら、
コーティングをしておきましょう。

しっかりコーティングしておけば、
黄砂や花粉が車体に付着しにくくなるし、
万が一黄砂が付着してしまったとしても、
軽く水洗いをするだけで簡単にキレイにできますよ!

特におすすめなのが、ガラス系コーティングをしておくこと。

そうすれば、コーティング剤が効いているうちは、
黄砂が表面に付着する心配もないので安心ですね。

まとめ

黄砂が車に付いてしまったら、
まずは水洗いをよくしていくこと。

その後はカーシャンプーをたっぷり使って、
スポンジも2つ用意して洗車しましょう。

すすいだ後の拭き取りはマイクロファイバークロスを使い、
仕上げにガラス系コーティング剤を使えば、
黄砂が車体に付着しにくくなるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました