黄砂の時洗濯物ははたくとマシ?布団は掃除機をかける?洗濯物からの影響は?

黄砂 洗濯物 はたく 生活

黄砂が飛んでいる日に洗濯物を外欲ししてしまったら、
取り込むときにはたけばある程度はマシになるんでしょうか?

でも布団を干してしまった場合は、
はたけないから掃除機をかけた方がよさそうですよね。

今回は気になっている人も多い、
洗濯物の黄砂対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

黄砂が洗濯物に付着したら取り込む時ははたく方がいい?

黄砂が飛ぶ日はなるべく部屋干しにしているけれど、
ついうっかりして外に干してしまった、
ということもあるはずです。

そんな時は、干した洗濯物を取り込む前に、
よくベランダではたいておきましょう。

はたくことで、ある程度は付着した黄砂を落とせるんですよ!

よく、花粉が飛ぶ時期に洗濯物を干した場合も、
はたいてから取り込むことがありますよね。

私の家でも花粉の時期は洗濯物を外でバサバサやってから、
部屋に取り込むようにしています。

完全に黄砂が落とせるわけではないけれど、
しないよりは断然マシなので、
ぜひ取り込む前は洗濯物をしっかりはたいておきましょう。

ただし、繊細な装飾品がついていたり、
シルク製などデリケートな衣類は、
傷めてしまう可能性もあるので、
取扱いには十分気を付けてくださいね。

黄砂で布団を干してしまったときは掃除機をかけるとマシになる?

黄砂が飛んでいる日でも、
天気がいいと布団を外干ししたくなりますよね。

外に布団を干しても、後で掃除機をかければいい、
と思われがちですが、普通の掃除機では、
黄砂などのものすごく細かいものを吸い取るのは難しいです…。

普通の掃除機ではなく、
布団クリーナーならまだ効果がありますよ!

でも、布団クリーナーでも、
布団に付着した黄砂を全部吸い取るのは不可能なんです。

アレルギー体質の人だったり、小さいお子さんが使う布団はなるべく、
黄砂が飛ぶ時期は外に干さずに、室内で布団クリーナーをかける、
くらいのお手入れをしておくようにしましょう。

私も花粉症持ちなので、春頃は布団が外に干せないため、
布団専用クリーナーを購入しました。

布団クリーナーはダニやハウスダストも吸い取れるので、
かなりおすすめですよ!


スポンサーリンク

黄砂の外干し洗濯物への影響は?

黄砂が飛んでいる日に洗濯物を外に干すと、
一体どうなってしまうんでしょうか?

実は黄砂って汚染物質も付着している可能性があるんですよね。

つまり、汚染物質を取り込んだ黄砂が洗濯物に付くと、
洗濯物自体も汚れてしまうわけです…。

結果、洗い直しが必要になる場合もあって本当に厄介!

しかも、黄砂が付着した衣類を着ると、
黄砂を吸い込んでしまい、
アレルギーのような症状が出る可能性もあるんです。

とにかく黄砂って、体に良くないし不衛生なものだったんですね。

肌が弱い人なら、黄砂が付着した衣類を着ることで、
肌荒れを引き起こすことがあるかもしれません。

そうならないためにも、天気予報をチェックして、
黄砂や花粉、PM2.5などが飛ぶ時期は、
極力外に洗濯物を干さないようにしましょう。

こんな時にあると便利なのが、洗濯乾燥機ですね。

我が家でも洗濯乾燥機を使っているんですが、
とにかく便利だし、部屋干しする必要もないから助かります!

ただし、洗濯乾燥機ってやっぱりお値段が高め。

一人暮らしの人を中心に、
洗濯物を部屋干ししている人も多いでしょう。

ただ、もし部屋干しするのでしたら、
除湿器や扇風機、空気清浄機などを使っていくと、
あの生乾きの嫌な臭いを抑えられます。

ちなみに、酸素系漂白剤を溶かした熱湯に、
洗濯物を1時間ほどつけ置きしてからいつも通りに洗濯してみると、
生乾き臭が全くしなくなるのでおすすめですよ!

我が家でも洗濯乾燥機がないときは、
この方法で部屋干ししてました。
ぜひためしてみてくださいね!

まとめ

黄砂が飛ぶ日に洗濯物を外に干してしまったら、
取り込む前によくはたくといいですよ。

そうすればある程度は黄砂を落とせます。

布団は黄砂が飛ぶ時期はなるべく干さないようにして、
もし外干ししてしまったら、布団クリーナーで黄砂を除去しましょう。

黄砂は吸い込むなどして体内に取り込むと、
アレルギー症状が出る可能性もあるため、
洗濯物は乾燥機か部屋干しがおすすめ!

小さいお子さんが使う衣類やタオルなどは、
特に注意して外に干さないようにするといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました