お刺身わかめの保存方法と賞味期限はどれぐらい?冷凍保存はできるの?

お刺身 わかめ 保存 料理

お刺身わかめは余ったらどんな保存方法をするのが良いんでしょうか?

わかめの保存ってイマイチどうすればいいか分からないですよね。

やっぱり冷蔵保存?賞味期限はどのくらい?

今回はお刺身わかめの保存方法や賞味期限を紹介します。

スポンサーリンク

お刺身わかめの保存方法

お刺身わかめは生鮮食品なので冷蔵保存するのが基本。

フリーザーバッグに入れるなどして、
なるべく空気に触れないようにして冷蔵庫で保管しましょう。

ただし、お刺身わかめって磯のニオイが結構キツい場合もあるので、
そのまま保存しておくよりも、下処理をしてからの方が良いですよ。

まずお刺身わかめに茎がついていたら切り落とし、
食べやすい大きさにカットしておきます。

そして軽く水洗いしたら、鍋にお湯を沸かし、
大さじ1ほど入れてわかめを数秒茹でていきましょう。

あとはザルにあけて水気をキッチンペーパーで拭き取れば、
下処理は完了なので冷蔵保存しておけます。

乾燥わかめだと常温保存でOKだし下処理も不要なので、
お刺身わかめだとちょっと保存するのも面倒ですね…。

でも、お刺身わかめの方が乾燥わかめよりもかなり風味豊かで、
すごく美味しいので、料理に使う場合も余ったものを保存する場合も、
ぜひ下処理を忘れないでおきましょう。

お刺身わかめの賞味期限はどれぐらい?

お刺身わかめの賞味期限は約2~3日。

お刺身わかめって生わかめとも呼ばれるので、
生ものだからそこまで日持ちがしないんですよね…。

なるべく新鮮なうちに食べるのがおすすめなので、
早めに消費するようにしましょう。

ちなみに、お刺身わかめは傷むとネバネバして糸を弾いていたり、
ドロドロしてしまったり、異臭がするようになります。

冷蔵庫に保存しておいても、
このように傷んでいる特徴が見られたり、
賞味期限を過ぎてしまっているのなら食べないようにしましょう。

ちなみに、お刺身わかめを密封できる容器や保存袋に入れておかないと、
かなり磯臭さが強くなってしまい、
冷蔵庫の中にニオイがこびりついてしまう場合も!

余った刺身わかめは、タッパーとかジップロックとか、
しっかりと密封できるものに入れて保存しておいてくださいね。

スポンサーリンク

お刺身わかめは冷凍保存はできるの?

お刺身わかめって、結構量が多い場合もあるので、
2人家族や一人暮らしだと食べ切れない場合がほとんど。

そのため、2~3日ではとても消費しきれない場合は、
お刺身わかめを冷凍保存しておくのがおすすめですよ!

では、お刺身わかめの冷凍保存の仕方を解説しますね。

わかめを茹でる

冷蔵で保存する時と同じように、お刺身わかめをまずカットし、
水洗いしたら塩ゆでにしておきましょう。

色が変わるまで茹でたらザルにあけ、流水でよく冷やします。

そしてキッチンペーパーなどを使って、
しっかりと水気を拭き取っていきましょう。

小分けにしてフリーザーバッグに入れる

だいたい1食分くらいにわかめを小分けにして、
ラップで包んでフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

冷凍しておくとお刺身わかめでもなんと2~3ヶ月は保存できるし、
解凍もお湯をかければ良いだけなのでとっても楽!

味噌汁など汁物にわかめを使うなら、
凍ったまま鍋に入れてしまっても大丈夫ですよ。

お刺身わかめを買ったのは良いけれど、
全部すぐに使いきれないなと思ったら冷凍にしておきましょう。

ちなみに、お刺身わかめを塩漬けにしておくのも、
長期間保存したいときにおすすめの方法です。

方法としては、下処理したお刺身わかめをボウルに入れ、
100~200gの塩を加えて混ぜていきます。

あとはフリーザーバッグに入れて冷蔵庫へ。

数時間経ったらわかめから水分が出てくるので、
その水気をしっかり絞ってから、再びジップロックに入れて、
冷蔵庫で保存していきましょう。

塩漬けにしておけば、冷蔵でも2ヶ月くらいは日持ちしますよ。

ただし、わかめを塩漬けにしておいたら、
使う前は水に数分浸して、塩抜きしておかないといけないのでお忘れなく。

個人的には、塩漬けも少し手間なので、
やっぱり冷凍で保存していくのがおすすめですね。

まとめ

お刺身わかめは冷蔵保存が必須!

賞味期限も2~3日と短めなので、
早めに食べ切るか、下処理をしたらラップして、
冷凍保存しておくのがおすすめですよ。

冷凍すると2~3ヶ月は日持ちするので、
すぐに使いきれなくてもとっても安心なんです!

あわせて読みたい お刺身わかめはそのまま食べれるか?生わかめとさしみわかめの違いも

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました