沖縄旅行の暑さ対策や日焼け対策は?夏の沖縄での服装は?

沖縄旅行 暑さ対策 お出かけ

夏の沖縄旅行では、どんな暑さ対策をしていくといいんでしょうか?

やっぱり沖縄の日差しって本土よりもかなり強いと聞きますよね。

そのため、服装もなるべく露出を控えた方が安全?

今回は夏に沖縄へ行くならぜひとも押さえておきたい、
最適な日焼けや暑さ対策、服装を紹介していきます。

スポンサーリンク

沖縄旅行の暑さ対策

沖縄の日差しは本土と比べ物にならないくらい強いです!

そのため、ちゃんと対策をしておかないと、
熱中症で病院へ運ばれてしまいますよ。

そうなったらせっかくの旅行も台無しですね。

ということでまずは、おすすめの暑さ対策を紹介します。

直射日光を防ぐアイテムを持っていく

沖縄の夏は本土と違って、カラッとした清々しい暑さなんですが、
直射日光がとにかく強いので、日よけになるアイテムが必要。

日傘、帽子はもちろん、長袖の上着や、
アームカバー、ネックカバーなどもあると安心ですね。

強い直射日光に当たっているだけでも、
体力をジワジワ削られていくかもしれないし、
熱射病になってしまうことも多いので、
沖縄旅行の際は十分に気を付けてくださいね。

飲み物を必ず持ち歩く

日差しが強い分、熱中症になる確率も高いです。

特に観光に夢中になっていたりすると、
水分補給を怠りがちになるので、
必ず飲み物を持ち歩いて、こまめに飲んでください。

出来れば麦茶やスポーツドリンクなど、
熱中症対策に効果的な飲み物が良いですね。

汗をたくさんかくので、塩飴も持ち歩くと安心です。

沖縄旅行の日焼け対策

夏の沖縄旅行をする際、女性は特に日焼けに気をつけたいところ。

帽子はツバの広いものを選び、
それにプラスで日傘と日焼け止めも使いましょう。

直射日光を防げても、照り返しで日焼けてする場合もあるので、
帽子や日傘を使っている場合でも、
日焼け止めは絶対にあった方がいいですよ。

日焼け止めは時々塗り直して、
レジャーで水に濡れてしまうなら、
ウォータープルーフのものもあると安心です。

そして、なるべく肌の露出を控えるのがいいので、長袖の上着か、
冷感素材のアームカバーやネックカバーもあると、
暑さ対策だけでなく日焼け対策にも効果的。

また、忘れてはいけないのがサングラス。

紫外線は目にも悪影響を与えてしまうので、
屋外にいる時はサングラスもあるといいですね。

日焼けと暑さ対策で完全装備をしてしまうと、
かなり見た目が怪しい人になってしまいますが、
それくらいしないと、本当に沖縄の日差しは危険。

うっかり日焼けしてしまうと、
もう火傷したみたいな肌の状態になってしまうんです。

この際、オシャレは二の次にして、
徹底した暑さと日焼けの対策をしましょう!


スポンサーリンク

沖縄の夏はどんな服装がいいの?

沖縄旅行での服装は、極力肌を出さないこと。

暑いからといって、Tシャツやタンクトップ、
ショートパンツ、サンダル姿になりたいところですが、
肌は露出していればその分、日差しによって焼かれてしまいます。

ということで夏の沖縄では逆に、
長袖を着たり、長ズボンをはいたりするなど、
肌を覆っている方がかなり快適なんですよね。

砂漠で肌を出した格好をしないのと同じことなんです。

ただ、やっぱり暑いのも事実なので、
上はTシャツやタンクトップなどを着て、
その上に状況に応じて、何か羽織るようにすると良いですね。

また、アームカバーなどをする場合は、
上着は常に羽織っていなくてもOK!

ただ、冷房が効いた部屋にいると寒くなる場合もあるので、
やっぱり薄手のカーディガンなどがあると安心。

そして足元ですが、サンダルだとやっぱり足が日焼けしてしまうので、
普通に動きやすくて履きなれたスニーカーとか、
ぺったんこのパンプスなどが良いですよ。

また、夏の沖縄でもし海水浴を楽しむなら、
水着の上に必ずラッシュガードを羽織った方がいいでしょう。

沖縄県民は水着ではなく、
Tシャツに半ズボンという格好で海水浴をするんですよ。

つまりそれくらい日差しで焼けてしまうということなんですね。

うかつに水着にならないように注意しましょう!

まとめ

夏の沖縄旅行では、まず帽子と日傘、日焼け止め、
サングラス、上着やアームカバーなど、
とにかく強い日差しから肌を守るものが必要。

服装も動きやすさ重視で、屋外に長時間いる時は、
半袖よりも上に何か一枚羽織ると良いですね。

沖縄の日差しは本土よりも遥かに暑いし強いので、
油断すると本当に危険ですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました