ランドセルは子供に選ばせる?親が決める?高学年で後悔しないか心配

ランドセル 子供に選ばせる 育児

ランドセルを購入する際、デザインや色は、
子供に選ばせてしまっても良いんでしょうか?

気持ちとしては、使う本人である子供に、
好きな色などを選ばせてあげたいですよね。

でも、子供の好みって成長につれて変わっていくもの。

高学年になって後悔しないか心配だから、
親が選んであげるべきなんでしょうか?

今回は子供のランドセルを選ぶのは、
誰が一番いいのかを解説していきます。

スポンサーリンク

ランドセルの色は子供に選ばせる

結論からいうとやっぱり、ランドセルの色をはじめ、
どんなマークなど装飾があるかなどのデザインは、
毎日背負って歩くお子さん自身に選ばせましょう。

親が勝手に決めてしまったり、
子供からこの色が良いという希望を伝えているにも関わらず、
それに反対してしまうのもあまりよくありません。

欲しかったランドセルと違うものを与えられてしまうと、
お子さんもそれを背負って学校に行くのが、
とっても悲しくなってしまうかも知れません。

また、自分の希望や意見を伝えても、
それを無視されてしまうと思い込み、
自尊心を傷つけてしまったり、
主張がハッキリと出来ない子になってしまう場合も。

ただ、女の子なのに真っ黒のランドセルを選んでしまうと、
学校に通った時にお友達に何か言われてしまわないか、
親としては心配になってしまいますよね。

その場合には、黒ではなく、
女の子向けのブラウンのランドセルをすすめるなどして、
親もお子さんも納得するものを購入するようにしましょう。

ちなみに最近では、ネイビーやブルーなどのランドセルもあるし、
黒でも女の子向けのデザインのものがあるんですよ!

そのため、もし女の子が黒のランドセルを選んでしまっても、
実際はそこまで心配する必要もないでしょう。

ということで、色はとにかくお子さんが好むものを選ばせてくださいね。

確かにひと昔前だと、女の子は赤で、
男の子は黒というのが一般的でした。

私が小学生の頃も、
ピンクのランドセルを持っている女の子は、
一人か二人くらいしかいなかったんですよね。

でも、今は男の子用も女の子用も、
カラーバリエーションがとにかく豊富なので安心ですよ。

ランドセルの機能面は親が決める

色はお子さんに決めてもらうとして、
機能面は親御さんが決めてあげましょう。

特に、重視したいのは以下のポイント。

・軽量化されている

・耐久性があって頑丈

・背負いやすい

・肩ベルトの長さが調整できる

最低限、これらの機能面があり、
使い勝手のいいランドセルを選んであげると良いですね。

やっぱり機能面に関しては、
お子さんは自分で先々のことまで考えて選ぶというのは難しいので、
親御さんがお子さんにアドバイスしながら、
一緒にランドセルを選んであげるといいですよ。

スポンサーリンク

ランドセルを高学年になって後悔してたらランドセルカバーがおすすめ

お子さんの好みは成長と共に変わっていくことがあります。

そのため、1年生の時は嬉しくてたまらなかったランドセルでも、
高学年になっていくと、子供っぽくて嫌になってしまうかも…。

6年間使っていくものだから、
後悔しないランドセルをやっぱり選ぶのが理想ですよね。

でも、気に入ったランドセルがあって、
どうしてもそれが欲しいとなったら、
お子さんはなかなか気持ちが変わることはないかも。

でもやっぱり、お子さんが好きな色を選ばせてあげてください。

もし高学年になって、ランドセルの色が気に入らなくなったら、
ランドセルカバーを使うといいですよ。

これならランドセルを買い替える必要なんてなく、
カバーをかけるだけで、ガラリと印象が変わります。

ランドセルカバーは通販でも売っているので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

通販サイトはこちら。

まとめ

ランドセルの色はお子さんに選ばせて、
重さや使い勝手などの機能面は、
親御さんが選んであげるのがおすすめ。

もし高学年になって、ランドセルの色を嫌がってしまうようなら、
ランドセルカバーをかけてあげるといいですよ!

あわせて読みたい

1,ランドセルを買うのは誰?買ってもらう場合両親どっちも買いたがって困る

2,ランドセルの型落ちはいつ頃並ぶ?型落ちのデメリットや新作が安くなる時期も

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました