飛行機に加湿器の持ち込みできる?機内の乾燥対策を紹介

飛行機 加湿器 持ち込み 生活

飛行機内は空気がとっても乾燥しています。

そのため、のどや肌が乾燥しないように気を付けなければいけません。

のどや肌の乾燥予防に効くのが加湿器ですが、
そもそも機内に持ち込んで良いものなんでしょうか?

ということで今回は、
飛行機に加湿器を持ち込んでもいいのか、
フライト中はどんな乾燥対策をすればいいのかを紹介します。

スポンサーリンク

飛行機に加湿器の持ち込みはできるのか?

結論からいうと、小型の加湿器でしたら持ち込み可能ですが、
周囲の乗客の迷惑にならないように、
もし使う場合は、CAさんや近くに座っている乗客に、
許可を取ってからの方が安心でしょう。

ただし、小型の加湿器は、
USBの差込口やコンセントがないと使えないものもあります。

そのため、事前に座席にはコンセントや、
USBの差込口が付いているかどうか確認しておくといいですよ。

もしくは、ペーパータイプの加湿器を持っていきましょう。

ペーパータイプの加湿器なら、
電気を必要としないので、どこでも使えるし、
とっても小型のものが多いため、
旅行に持っていくのにも最適なんです。

check! ペーパータイプの加湿器 口コミ多い順ランキング【楽天】

飛行機の乾燥対策を紹介

加湿器を持ち込む以外におすすめな、
機内での乾燥対策をまとめました。

・タオルやハンカチを濡らして置いておく

よく冬場の乾燥対策などで、
濡れたタオルを部屋に干しておくという方法がありますよね。

アレと同じように、
水で湿らせたタオルやハンカチを座席のテーブルにでも置いておけば、
のどが乾燥してしまうのを予防できるでしょう。

・水の入ったコップを置いておく

座席のテーブルの上に、水を入れてコップを置いておけば、
乾燥をある程度は防げますよ。

ただし、寝ている間にCAさんが片付けてしまう場合もあるので、
もしなくなっていたら、また紙コップと水をもらうようにしましょう。

ちなみに水を置いておく際は、
何かの拍子にコップを倒してこぼしてしまわないようにご注意を。

・マスクをする

もっともお手軽かつ周囲の人に迷惑をかける心配がないのが、
やっぱりマスクをすることですね。

のどを乾燥から守れるし、近くに風邪気味の乗客がいても、
うつされる心配もありませんよ。

以上がフライト中でも出来る乾燥対策。

でも心配な時は、
ペーパー加湿器+コップに入れた水+マスクがおすすめですよ。


スポンサーリンク

飛行機の乾燥対策 喉はやっぱりマスクがいい!

飛行機内での乾燥対策にはマスクがおすすめですが、
普通のマスクではなく、出来れば濡れマスクを使うと良いですよ。

濡れマスクなら、コップに入れた水や、
湿らせたタオルなどを置いたり、小型の加湿器を使わなくても、
のどの乾燥を効果的に防ぐことが出来ます。

ちなみにマスクをしていれば、
機内で女性はノーメイクで過ごしていても、
他の乗客や乗務員にすっぴんを晒す心配もないので、
何かと便利なんですよね。

うっかり乾燥対策をしないで寝てしまうと、
翌朝のどがガラガラに乾いて痛くなる場合も多いので、
せめてマスクだけでも持っていくようにするといいですよ。

また、のど飴も持っていって、
起きているときは定期的に口に入れておくのも、
何かと安心なのでおすすめです。

後は小さめのボトルに詰め替えた化粧水とか、
リップクリームなども持っていけば、
乾燥で肌に負担をかけずに済みますよ。

まとめ

飛行機内には小型の加湿器なら持ち込み出来ますが、
使う時は周囲の乗客やCAの許可を得てからが安心です。

また、電気のいらないペーパー加湿器もおすすめですよ。

加湿器以外では、濡れたタオルや水の入ったコップを置いておくだけでも、
乾燥対策になるので試してみてください。

でも一番おすすめなのは、濡れマスクをつけておくことですね。

のどを乾燥からしっかり守れるので安心ですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました