離婚後アルバム子供と一緒の写真はどうする?再婚したら写真は捨てる?

離婚 アルバム 子供 生活

離婚したあと、前夫との写真や思い出アルバムの取り扱いに悩む方は多いのではないでしょうか。
特に子供と一緒に写っている場合、子供のために残しておくか、それとも自分の気持ちのために捨ててしまうか悩むと思います。

残しておく派、後腐れなく捨ててしまう派の両方の意見をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

離婚後アルバムに子供と一緒の写真残しておく?

残しておく派の意見

・単なる思い出として取ってある
・人生には成功もあれば失敗もある。私の人生の記録として残してある
・相手に未練があるため捨てられずにいる

思いは様々ですが、自分の経歴・人生の一部として受け入れる意見が多かったです。
また、一応取っておいて、子供が大人になったら写真をどうするか(このまま保存するか処分するか)を選ばせるという意見もありました。

捨てる派の意見

・思い出も何も忘れるため捨てた
・再婚するので、再婚相手に配慮して処分した

大分するとこの2種類の意見が多かったです。
自分の気持ちのためか、再婚相手の気持ちのためのどちらかが捨てる理由となります。

再婚したら写真は捨てる?子供が一緒に写っている場合

調べてみたところ、どのコメントにも「再婚相手が前夫・前妻の思い出の物を持っているのは嫌」という意識が共通してありました。
他にも「自分と再婚相手だけの問題ではないので、子供の意見も聞く」「子供に判断を委ねる」というものもありました。


スポンサーリンク

別れた夫のみの写真も子供のために残すのか?

こちらについては再婚相手の了解を得た上で取っておくという意見が多かったです。
再婚相手がどうしても嫌と言うなら子供に話した上で捨ててしまうというコメントもありました。

「離婚してもお子さんとご主人の親子関係は無くなりません。なので、お子さん達からお父さんとの思い出を全て無くすのは勝手に過ぎないかと思います。決めるのはお子さん達だと思います」という辛口の意見も。
その反面、物心がつかない頃で前夫の顔も覚えていないのなら捨ててしまえというコメントもあります。

まとめ

処分するか保存するかの議論の中、ユニークな意見としては、写真をデジタル化して保存しておくというものがありました。
DVD-Rに保存しておけば、パソコンにデバイスを挿入しない限り見ることはできません。
そして、もし何らかの理由でDVD-Rが再生できなくなってしまったら、それが思い出との別れ時なのだと思ってDVD-Rを処分するそうです。

前夫の写真はどうするか。捨てるのか、残すのか。
捨てるなら何のために? 残すなら誰のために?
どれにせよ、後悔しないようによく話し合って決めるのが一番です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました