友人とのドライブはお金を損した気分になる。角が立たない切り出し方は?

友人 ドライブ お金 お出かけ

友人を乗せてドライブに行くと、ガソリン代や高速代、
駐車場代など、車にかかったお金は全部、自分だけが負担になるので、
すごく不公平というか、損した気分になりますよね。

こんな時は友達にどう切り出して、
割り勘してもらうと良いんでしょうか?

そもそもドライブで車にかかったお金は自分だけが負担すべきもの?

今回は友人とドライブに行った時のお金のモヤモヤ疑問を解消します。

スポンサーリンク

友人とのドライブでお金を損した気分になるってケチだから?

ドライブに行くと、車を出して運転する自分だけが、
ガソリン代や高速代などを支払うことになってしまいますよね。

遠出すればするほど、その金額はばかになりません。

そのため、一緒に行った友人からお金を請求したいというのは、
別にケチでもなんでもない普通のことだと思いますよ。

確かにちょっと近場に行ったり友達を2~3駅隣に送るくらいでしたら、
お金を請求するのはちょっと心苦しいですが、
ドライブというそれなりにお金がかかっているのなら、
もちろん割り勘をしてもいいと思います。

きっと友人はあなたが何も言わないから、
甘えてしまっているかも知れないので、
友人だからこそ遠慮なく、キッパリとお金を請求しましょう。

そうすればモヤモヤした気分にもならず、
これからも友人とのドライブを心から楽しめますよ。

割り勘の切り出し方 角が立たないように友人に請求したい

食事代ではないから、ドライブ費用の割り勘を切り出すのって、
ちょっと言い方が難しいですよね。

でも、『交通費は割り勘にしてもらっていい?金額は後で連絡するから』とだけ、
ドライブが割って別れ際に友人に伝えてみましょう。

ただ、もしそれで友人が渋るようなら、
もうその人とはドライブに行かなくてOK!

本当にあなたと親しくて仲の良い友人なら、
ごめん気づかなかったね、くらいは言ってくれるし、
ちゃんとお金も割り勘してくれるものですよ。

もしくは、ドライブ費用を負担してくれたから、
といって後日、お礼が何かあったり、
ドライブ中に何かを買ってくれたりするものです。

でもそれがない、お礼もお金を払うという発言もないのでしたら、
そもそも友人はあなたのことを都合のいい足にしか思っていない可能性も。

そんな人とは友達でいたり、ドライブに連れて行ってあげる必要もないので、
付き合いをフェードアウトする方向で検討しましょう。

でもちゃんと割り勘で支払ってくれるのなら、
これまで通りに仲のいい友人でいると良いですね。


スポンサーリンク

ドライブを友人とするときガソリン代や高速代の割り勘の方法

友人とドライブしたら、高速にかかったお金や有料駐車場を利用した時の費用、
そして、ガソリンを入れておいた時のレシートを見て、
全部の金額を合計してそれを友人と折半すればOK!

今回はこれだけかかったから半分の○○円でよろしくね、
とLINEなどで伝えてしまえば大丈夫ですよ。

ということで、ガソリンを入れた時や駐車場を利用した時のレシート、
もしくは領収書などはちゃんととっておくのがいいですね。

また、ガソリンはドライブに行く前に満タンにして入れておいて、
減った分だけを割り勘して請求するのもおすすめ。

高速料金もいくらかかったかを調べておくようにしましょう。

もしくは、ガソリン代は自己負担にして、
高速料金を友人に支払ってもらうなど、
分担制にしても良いと思いますよ。

ただし、行先によってはガソリン代と高速代の金額に差が出る可能性もあるので、
やっぱり一番安心なのは、かかった交通費を合計して割り勘することですね。

やっぱりお金が絡むとすごくトラブルを起こしてしまいやすいので、
くれぐれもあと腐れがないように、
ドライブにかかった費用をしっかり折半しましょう。

割り勘の金額を提示したら、出来るだけ早めにお金をもらうこと。

次に会った時に割り勘した金額をもらえるのが理想なので、
友人に忘れず用意するようにちゃんと伝えておいて良いと思いますよ。

そうしないとどんどん割り勘のお金を返してもらうのを忘れてしまい、
結局自然消滅してしまう場合もあるので、
くれぐれもお互い、返してもらう金額を忘れないようにしましょう。

まとめ

友人とドライブに行ったら、ガソリン代も駐車場代も高速代も、
全部割り勘にしてしまってOKですよ。

合計金額を折半すれば問題ありませんので、
『ガソリン代や高速代とかは割り勘でよろしく!』とキッパリ伝えてください。

そうすればモヤモヤも解消されて、
快適なドライブが楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました