ラッシュガードは子供に必要?子どものラッシュガードは長袖の方がいい?

ラッシュガード 子供 必要 生活

海水浴をするとき、子供にはラッシュガードを着せた方が良いんでしょうか?

でもすでにプールなどで日焼けしている場合なら、
あまりラッシュガードがあっても意味なさそうですよね。

また、ラッシュガードってやっぱり着せるなら長袖にすべき?

今回は子供にラッシュガードは必要なのか、
ラッシュガードの代わりになるようなものはないか解説します。

スポンサーリンク

ラッシュガードは子供に必要?

ラッシュガードは子供にも必要です!

というのも、年々日本の夏は酷暑になっているので、
当然直射日光も強力になっているでしょう。

そのまま紫外線を浴び続ければ日焼けしてしまいますね。

子供は強い日差しを浴び続ければ、
大人よりもかなり早く日焼けしてしまいます。

そうなれば肌トラブルも生じるリスクがあるので、
想像以上に真夏の日差しを浴びるのは危険なんです。

また、子供って遊びに夢中になってしまい、
日焼け止めを塗り直すことも難しいでしょう。

お子さんの肌を守るためにも、
ぜひともラッシュガードは着させてあげたいですね。

また、ラッシュガードが守ってくれるのは日光だけじゃありません。

海水浴にいくと、貝殻や岩場、浜に打ち寄せられたゴミなどで、
腕をケガしてしまうこともあるんですが、
ラッシュガードを着ていればその心配もなし!

意外とラッシュガードって、日光だけじゃなく、
ケガからも守ってくれるメリットがあったんですね!

子どものラッシュガードは長袖の方がいい?

お子さんに着せるラッシュガードは長袖の方が良いでしょう。

半袖だと腕が日焼けしたり、
岩場で切ったり虫に刺されてしまうかも!

でも、ラッシュガードとはいえ、
長袖を着るのをお子さんが嫌がる場合もあります。

私のおすすめとしては、長袖のラッシュガードを着せることですが、
試着の際などにどうしても嫌がってしまうのでしたら半袖でも構いませんよ。

ただ、女の子だと露出した腕が半袖焼けしてしまうとかわいそうなので、
出来れば女の子には長袖ラッシュガードを着せてあげましょう。


スポンサーリンク

子供にラッシュガードの代わりに着せるなら

ラッシュガードをわざわざ買わなくても、
パーカーやTシャツを代わりに着せておけば大丈夫、
と思う親御さんもいるでしょう。

でも、ラッシュガードの代わりに普通の衣類を着せるのはあまりおすすめしません。

というのも、普通の衣類だと水を吸ってしまうと重くなってしまい、
お子さんが動きづらくなってしまうことがあります。

濡れた服がまとわりついて、
万が一海で溺れてしまう可能性も捨てきれないので、
耐水性のない衣類は着させないほうが良いんですね。

また、普通の衣類は速乾性がないものが多いので、
水に濡れてしまえば体がどんどん冷えて体温が奪われるのでやっぱり危険。

それに、普通のパーカーやTシャツには、
そもそもUVカットの効果はあまりないので、
日焼け対策としても着せるなら、
やっぱり紫外線ブロック効果のあるラッシュガードがいいでしょう。

ということで、ラッシュガードの代わりに普通の衣類を着せるのはNG!

ちゃんと子供専用のラッシュガードを着せるのが理想ですよ。

また、ラッシュガードはきちんとUVカット加工の表示があり、
なるべくフードがついているものを選びましょう。

フード付きだと頭や髪の日焼けもカバー出来るので便利ですよ。

そして、サイズはぴったりよりも、多少大きめのものがいいですね。

多少大きめのラッシュガードは、
また翌年の夏も海水浴に行くときに着られるのでお得!

あとは速乾性のあるものがおすすめ。

速乾性のあるラッシュガードは、水から上がった時もすぐ乾くので、
体が冷えずにとっても安心です。

確かにこれらの性能は、普通の衣類じゃあ持ち合わせていないですよね。

お子さんの肌を守り、楽しく海水浴をさせるためにも、
ラッシュガードはしっかり用意していきましょう。

まとめ

海水浴に行く際、子供でもラッシュガードは絶対必要。

年々、真夏の直射日光は強くなる一方なので、
日焼け対策にラッシュガードは欠かせません。

また、岩場や貝殻などでケガをしてしまうのもカバー出来るし、
虫に刺される心配もありませんよ。

おすすめなのは長袖でフード付き、
そしてしっかりとUVカット加工がされている、
速乾性のあるラッシュガード。

サイズは少し大きめのものを買えば、
来年もまた着ることが出来ますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました