二日酔いで気持ち悪いのを解消する方法 水分の取り方や二日酔いの予防法も

二日酔い 気持ち悪い 解消 生活

二日酔いになって気持ちが悪い時って、
水分を摂るのもキツいですよね…。

でもアルコールを抜くためにも
お水は飲んだ方が良いでしょう。

飲み過ぎないことが一番なんですが、
ついつい飲み会で楽しくなって、お酒が進むこともあるので、
今回は二日酔いの解消法や予防法を紹介していきます!

スポンサーリンク

二日酔いで気持ち悪いのを解消するには

二日酔いで気持ちが悪い!今すぐどうにかしたい!

という人のために、おすすめな二日酔いの解消法をまとめました。

とにかく寝る!

もし休日なのでしたら、とにかく睡眠をとって、
体を休ませるようにしましょう。

少しだけでも昼寝をすることで、
二日酔いの症状を軽くさせられるんですよ!

スポーツドリンクを飲む

お酒を飲むと体内の水分が抜けてしまうため、
脱水症状になることで、頭痛や吐き気がしてくるんですよ。

そのため、体が水分を吸収しやすいように、
スポーツドリンクを飲むのがおすすめ。

また、二日酔いの時って低血糖にもなりやすいので、
糖分の入ったスポーツドリンクを飲むことが最良なんですよ。

ただ、二日酔いだとスポーツドリンクを買いに行くのも大変なので、
飲み会の前に買っておくか、家に常備しておくようにしましょう。

ツボ押しをする

ツボ押しをすることで、二日酔いしにくくなったり、
二日酔いの気持ち悪さを軽減できる場合もあります。

あまり効果を感じられない場合もありますが、
試してみると良いでしょう。

二日酔いで気持ち悪い時の水分の取り方

二日酔いで気持ちが悪い時って、
体を起こして水分を摂ることさえツラいですよね…。

少しでも動くと、もう吐きそうになるなんてこともあるでしょう。

それでも、やっぱり一番二日酔いに効くのは水分補給なので、
水やスポーツドリンクを飲んでいきましょう。

といっても、一気にゴクゴク飲むのは禁物。

吐き気がして思わずむせてしまうこともあるので、
一口ずつ、ゆっくりと飲むようにして、
こまめに水分補給をしましょう。

出来れば、ペットボトルにストローを差して飲んだ方が良いですね。

完全に体を起こさなくても飲みやすいと思います。

もし家族と同居しているのなら、
病気の時みたいにスプーンで少しずつ、
口に飲み物を運んでもらうといいですよ。


スポンサーリンク

二日酔いで気持ち悪いのをあらかじめできる予防法

お酒はたくさんのみたいけれど、
二日酔いにはなりたくないですよね。

そこで、二日酔いにならないための予防法を解説するので、
飲み会に行く前や飲んでいる最中などにぜひ実践してみてください。

飲む前に固形物を食べたり水分補給をしておく

空腹でお酒を飲んでしまうと、
体内でアルコールが急激に吸収されて二日酔いになりやすいです。

そのため、必ず飲む前は何か、
ちょっとでも固形物を食べておくようにしましょう。

飲み会に行く前に、途中のコンビニで少し、
お菓子やカロリーメイトのような、
栄養バランス食品を口にしておくと良いですね。

また、摂取したアルコールを分解する際は、
大量の水分を消費してしまうので、
飲む前には水分も摂っておきましょう。

乾いた喉にビールをゴクゴク、というのは危険なんですね。

水分も摂って喉を潤しておけば、
お酒を飲みすぎてしまうのも抑えられますよ!

色んな種類のお酒をたくさん飲まない

要するに、飲み会中はチャンポンすることを避ける、
ということですね。

アレコレ色々飲んでしまうと、
自分がどれだけ飲んだかわからなくなるので要注意!

飲むとしても、ビールとチューハイだけなど、
2種類くらいにとどめておきましょう。

飲酒後も水分補給する

飲み会が終わって楽しい気分になっているところですが、
そのまま寝てしまうと二日酔いしやすいので、
飲んだ後も水を飲むなどして、水分補給しておきましょう。

そうすれば翌朝、脱水症状になりかけるのを防げますよ。

以上が二日酔いを予防する方法。

私はあまりお酒を飲みませんが、夫がよく飲むので、
時々二日酔いになったりします…。

かなりツラそうなので、
やっぱり飲みすぎには気を付けないといけませんね。

まとめ

二日酔いで気持ち悪い時は、睡眠と水分をよくとりましょう。

特に二日酔いになっていると、脱水症状気味になっているので、
吸収性が高くて糖分と塩分も摂れる、スポーツドリンクがおすすめ。

一気にゴクゴク飲むのではなく、
少しずつこまめに水分補給すると良いしょう。

そして、飲み会の前は少しだけでも飲食しておくと、
二日酔いになる確率をグッと下げられますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました