結婚式で既婚者の服装 男性の場合は?ネクタイや鞄のマナーも知りたい

結婚式 既婚者 服装 男性 イベント・行事

お友達や親戚、会社の同僚や取引先の人など、結婚式に招待される機会、意外と多いですよね。

女性の場合、結婚式用の服装もたくさんあるので、新郎新婦との関係や挙式・披露宴の場所によって、服装を選ぶ楽しみもあります。

でも、男性の場合、着ていく服装は、「スーツ」一択になります。

この「スーツ」が、実は曲者。

スーツなら家にたくさんあるけれど、それではだめなのか?

スーツの色に決まりはある?

ネクタイや鞄って、どんなものがいい?

家にあるものは使える?使えない?

数々の疑問が頭に浮かんできちゃうかもしれませんね。今日は、
そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

結婚式で既婚者の服装 男性の場合はどんなスーツがいい?

結婚式に参列する男性のスーツの基本は、今も昔も変わらず、
無地の「ブラックスーツ」といわれています。

これは、ビジネススーツよりも深い黒色のスーツで、別名
「ブラックフォーマル」や「礼服」と呼ばれる、冠婚葬祭に使われるスーツです。

しかし、最近は結婚式がカジュアル化されることも増え、参列者の服装もある程度のカジュアル化の傾向があります。実際、結婚式でグレーやネイビーといった「ダークスーツ」を着用する男性も増えているようです。「ダークスーツ」の他にも、例えば薄いストライプのような、派手になりすぎない柄物のスーツを着用しても問題はないとされています。

いずれを着用する場合も、ベストもセットされた、「スリーピース」のスーツを着用すると、フォーマル感が出て、お祝いの席にピッタリです。

結婚式で既婚者の場合 ネクタイは柄や色にマナーはあるの?

結婚式で着用するネクタイは、「白」か「シルバー」が基本です。いずれの場合も、無地のものを選んでください。光沢のある素材でできたネクタイを選ぶと、華やかさが演出でき、お祝いに花を添えるのにピッタリです。

しかし、最近の結婚式では、「白」や「シルバー」以外にも、様々な色のネクタイが着用されているようです。

例えば、カジュアルな形式の結婚式の場合は、「ピンク」や「ライトブルー」といった明るいパステルカラーのものでもOKとされています。柄物のネクタイも、大ぶりな柄だったり、派手すぎたりしなければ大丈夫です。スーツやシャツに合わせた色で自分らしくアレンジできたら、素敵ですね。

逆に、いくらおしゃれだからといって、黒のネクタイを身に着けることは絶対NGです。というのも、黒のネクタイは喪服を連想させ、結婚式というお祝いの場にふさわしくないからです。また、動物の皮をイメージする「アニマル柄」や、「ゼブラ柄」「クロコダイル柄」といったネクタイも避けましょう。これらの柄は、「殺生」をイメージしてしまうので、おめでたい席にはNGとされています。

カジュアルパーティーや、夜18時以降の結婚式に参列するのなら、「蝶ネクタイ」も選択肢に入ります。

実は、蝶ネクタイの場合、「黒」も結婚式での着用OKなのです。
ですから、様々な色・デザインの中から、これだ、と思うものが見つかれば、蝶ネクタイを身に着けて参列するのも素敵です。

ただし、スーツ・蝶ネクタイ共に真っ黒だと、「レストランのボーイさん」と同じような格好になってしまいます。なので、黒の蝶ネクタイを着用する場合は、ボーイさんっぽく見えないよう、スーツは黒以外を選ぶとよいでしょう。


スポンサーリンク

結婚式に参加 男性の鞄のマナーは?

実は、男性の場合、鞄を持たずに結婚式に参列してもマナー面での問題はないそうです。

男性の場合、持ち物はハンカチ・ティッシュ・ご祝儀・招待状・財布・スマホぐらいです。スーツのポケットは大きめに作られているので、このぐらいの持ち物は全てポケットに詰めることが可能、というのがその理由のようです。

しかし、さすがにご祝儀までポケットに入れていくのはどうか、と思う方もいますよね。心を込めて用意させていただくご祝儀だからこそ、きちんときれいな状態でお渡しするのがマナー。ポケットだと、何かの拍子に中身がぐちゃぐちゃになってしまいそうで、抵抗ある、という方もいらっしゃることでしょう。

そんな場合は、お祝いが入るぐらいの大きさの、クラッチバッグを持参することをお勧めします。(クラッチバッグとは、肩ひものない、手でつかんで持つタイプの小さめのハンドバッグのことで、様々な種類のものが販売されています。)

結婚式にふさわしいのは、

革製でシンプル、少し大きめサイズで薄手のもの

といわれています。

・フォーマル感の強い革
・スマートコーデに見えるにはシンプルで薄手なもの
・小さめでマチの分厚いサイズを選ぶと、「おじさんポーチ」にみえてしまう

というのが、その理由です。

色は、黒を基本に、スーツや靴と合わせたものにするとよいでしょう。

まとめ

最近では、レストランウエディングに代表されるように、ずいぶんカジュアル化された結婚式も増えてきたので、その分ゲストの服装も様々なバリエーションがあるようです。

カジュアル化されてきたとはいえ、結婚式はフォーマルな場面なので、失礼のない範囲内で、自分なりのおしゃれを楽しむ、というのは、男性・女性共に共通しています。

この先も、お友達・親戚・会社の同僚・取引先の人などいった方々から、結婚式に招待されることがあるはずです。スーツをその都度新調するのは難しいですが、ネクタイや鞄などといった小物の組み合わせを変えることで、自分らしさを演出する、そんな楽しみがあってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました