入学辞退届の書き方大学の場合は?理由はどう書けばよい?例文も紹介

イベント・行事

志望校に合格して「やったー!!」と喜んでいるあなたとそのご家族の皆様おめでとうございます!
すべり止めでうけていた大学に「入学辞退届」を出さないといけませんね。

入学辞退届は大学によって書式が用意してあるところは、それにのっとって記入していけばいいだけです。
合格通知の書類に入学辞退届も同封されていることがありますし、各大学のホームページからダウンロードできたり、電話をして取り寄せる方法もあります。

問題は、所定の用紙がない場合です。
その場合は自分で入学辞退届を作成して郵送しなければいけません。
そこで、入学辞退届の書き方について、理由の書き方も含めてご紹介します。

スポンサーリンク

入学辞退届の書き方 大学からの所定用紙がない場合

自分で作成する場合ですが、まず最初に考えるのは、手書きにするかパソコンで打ち込むかです。
これには、手書きにすべきという意見と、どちらでもいいという意見があります。私は断然後者の意見です。

入学辞退届は、大学に対してのお詫びの手紙にもなるので、その気持ちをこめるために手書きにすべきということもわかります。
字が綺麗な方はそうすればいいと思います。

でも、字に自信がない人にとっては、すべて手書きとなるとかなりプレッシャーになりますよね。
失敗して何度も書き直すことになってもつらいですし。

それだったらパソコンでもいいのではないでしょうか?

受け取る側(大学)も見やすいでしょうしね。
ただし、その場合はフォントや文字サイズ、余白などに気をつけてくださいね。

あと、辞退届を出す時の封筒は白色にしましょう。
そして表書きに「入学辞退届在中」と記載しておくと事務処理しやすいので親切です。

入学辞退届 辞退する理由はどう書けばよい?

入学辞退届を書く準備を整えたものの、理由をどう書けばいいのか悩みますよね。
断る理由を濁してストレートに言わない方がいいのかな?と思ったりするかもしれません。

ですが、入学辞退届はその名の通り「届け出」でもあるので、理由は正直に書きましょう。
自身のプライバシーにも関わるような健康や経済的な理由などは、「一身上の都合」や「やむを得ない事情」という言い回しにしてはっきり書かなくても構いません。中には「健康上の理由」「経済的理由」とそのまま書く方もいるようですが。

「他校に進学が決まったため」と書くのは、複数の学校を受けていることは大学側も想定内ですので、失礼にはあたりません。そのまま事実を記入しましょう。

事実とは言っても、「〇〇大学の方が優れているから」や「すべりどめだったので」など、その大学にとって悪い理由は書くべきではありませんので注意してくださいね。
もしかしたらお世話になっていたかもしれない学校です。誠意をもって書くことを忘れずに!


スポンサーリンク

入学辞退届の例文をご紹介

(例文)
入学辞退届
日付
〇〇学校 校長(学長)〇〇殿
この度は合格を頂いたこと大変光栄に存じます。
しかしながら、【理由を記入】
〇〇大学○○学部への入学を辞退致したくお願い申し上げます。
本当に申し訳ございません。
宜しくご理解いただけますようお願いいたします。

受験番号
住所
氏名       印

以上

【理由の例】
・他校に進学するため
・一身上の都合により  など

まとめ

大学側にしてみれば入学辞退者が出るのは毎年のことですし、辞退するのはあなた一人だけではないのですから、そんなに悩む必要はありません。
辞退届は、期限内に提出すると定められているものなので、期限に遅れなければいいのです。

でも、あなたが辞退することによって、補欠で合格できる人がいるかもしれません。
そのためにも入学辞退を決めたらすぐに辞退届を作成して学校側へ提出してくださいね。
早目に提出することが、誠意となります。

辞退届は作成から提出まで誠意をもって行いましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました