いんげんを電子レンジに入れると火花が出た!理由と調理のコツ

いんげん 電子レンジ 火花 料理

いんげんを電子レンジに入れて加熱すると火花が出てしまいます!

一体なぜ、いんげんを加熱しただけで火花がでてしまうんでしょうか?

それには実はいんげんの意外な理由があったんですよ。

ということで今回は、いんげんを電子レンジに入れて加熱すると、
火花が出てしまう理由や、レンジでの調理をする時はどうしたらいいか、
そして電子レンジで調理がNGな食材を紹介します。

いんげんを電子レンジに入れると火花が出た!理由は?

通常、電子レンジって中に入れた物の水分に電磁波を当て振動させることで、
温度を上げて加熱していく仕組みになっているんですよ。

そのため、レンジで加熱するには、
水分がある程度は含まれていないといけないんです。

ところが、いんげんは水分量がとても少ないため、
レンジで加熱していくうちに水分が飛び乾燥してしまうんですよね。

そして乾燥している状態に更に熱を加えることによって、
温度が上がり続け、発火して火花が出てしまうんですよ。

要するに水分量の少ない食材を加熱し続けてしまったから、
火花が出てしまうんですよね。

私もよくお弁当作りでいんげんをレンジで加熱した際に、
火花をパチパチと出ているのを見たことがあります…。

確かにレンジを使えば手軽にいんげんを加熱できますが、
火花が出てしまうとちょっと危ないので十分に注意したほうが良いですね…。

いんげんの調理をレンジでする時の注意点

いんげんを電子レンジで調理するのでしたら、
必ず水を注いでから加熱をすると火花が出ないので安心ですよ!

容器の中にいんげんを水を入れておくことで、
いんげんが乾燥状態にならないので、
火花が出てしまう温度にまでいんげんが到達しません。

しかも、いんげんに多めの水に入れてレンジで加熱をすることで、
鍋でお湯を沸かさなくても簡単に、いんげんを茹でた状態に出来るので便利!

もしくは、ラップを使って火花を予防する方法もありますよ。

ラップでいんげんを包むか、
インゲンが入った容器にラップをかけておきましょう。

するといんげんの水分が電子レンジの加熱によって蒸発するのを防ぐので、
やっぱり同じように発火するまで高い温度にならずに、
火花が出ることなく温めることが出来るんですね。

ただ、やっぱりラップをするよりも、
水を入れて加熱した方が、より火花が出にくいので安心ですよ。

スポンサーリンク

いんげんを電子レンジで温めるなら、
必ず水注いでからチンして茹でた状態になるようにしましょう!

電子レンジの加熱調理がダメな食材

意外と知られていないけれど、本当は電子レンジの加熱調理がNG!
な食材をまとめたので、ぜひチェックをしておきましょう。

・ソーセージや明太子

朝食用のウインナーをレンジで加熱したい場合もありますが、
ウインナーやソーセージなどは表面が薄い膜で覆われているため、
電子レンジに入れてしまうと、破裂してしまうことがあるんです。

電子レンジってどうしても内側から加熱をしていくので、
その圧力に耐えきれなくなって、表面の薄い皮が破裂してしまうんですよ。

どうしてもウインナーなどをレンジで温めたい時は、
カットしておくとフォークなどで穴を開けてからにしましょう。

同じ理由で明太子なども薄い膜で覆われているため、
レンジでそのままの状態で加熱するのは避けた方がいいですね。

・卵

知っている人も多いと思いますが、
卵もレンジで加熱してはいけないものの代表格。

殻に覆われているため、電子レンジで加熱してしまえば、
やっぱり中の圧に耐え切れなくなり破裂してしまいます。

特に卵の場合は、レンジから取り出した時に破裂することもあるので、
とっても危険なんですよね…。

既に茹でてある卵を加熱したい場合でも、
きちんと殻を剥き、つまようじをさしておいたり、
半分にカットしておくと安心ですよ。

・栗や銀杏

よく昔話などで栗を囲炉裏の灰の中に入れておくと、
はじけ飛ぶということがありますね。

皮つきのまま栗を加熱してしまえば、
電子レンジでも同じようなことが起きてしまいます…。

もちろん銀杏も硬い皮に覆われているので、
そのままの加熱はとっても危険ですね。

栗も銀杏も皮を剥いて、出来ればカットしてから加熱しましょう。

まとめ

いんげんを電子レンジで加熱すると火花が出てしまうのは、
水分が蒸発してしまい、乾燥状態が続くことで発火してしまうから。

これを防ぐには、いんげんにラップをかけるか、
水に入れた状態で加熱をすると良いですよ。

またいんげんの他にも、ソーセージや明太子、
卵、栗、銀杏などはそのまま加熱してしまうと破裂するので、
皮を剥いたりカットしたりしてから加熱しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました