焼き芋をレンジで作っても甘くない!甘い焼き芋を作るコツと注意点

焼き芋 レンジ 甘くない 料理

さつまいもを買ってきて、焼き芋を電子レンジで作っても、
甘くないことがありますよね…。

一体なぜ甘くならないんでしょうか?

甘い焼き芋をレンジで作るにはどうすればいい?

そこで今回は、レンジで作る焼き芋が甘くならないわけと、
焼き芋を美味しく作るためのコツや注意点を紹介します。

スポンサーリンク

焼き芋をレンジで作っても甘くないのはなぜ?

意外と知られていませんが、さつまいもって実は、
長時間かけて加熱をすることで甘みが強くなるんです。

さつまいもの甘みのもととなるのがデンプンなんですが、
このデンプンはなるべく長い時間、約30分~1時間かけて、
40~60℃の温度で加熱をしていくことで、甘みを増していくんですよ。

だからこそ時間をかけてさつまいもを加熱する、
石焼き芋とか蒸かした芋っていうのは甘くて美味しかったんですね!

ただ反対に、レンジだとどうしても短時間で高温になってしまうため、
デンプンの甘みが少なくなってしまうんですよね…。

とはいえ、自宅で焼き芋を食べるのに、
蒸し器を取り出したりするのはちょっと面倒。

やっぱり電子レンジで手軽にさつまいもを作りたいものですよね。

ということで、電子レンジでも焼き芋を甘く美味しく作るコツを紹介します。

焼き芋をレンジで調理するコツ

レンジで焼き芋を作るには、以下のコツを押さえていくと良いですよ。

・解凍モードで加熱をしていく

先ほども説明したように、焼き芋を美味しく作るには、
低温でじっくりと加熱をしていくのがベスト。

でも電子レンジを通常の温めモードで加熱していくと、
温度が上がり過ぎてしまい甘くなくなってしまうんですよね…。

そこで、低温でじっくりと加熱するためにも、
電子レンジは解凍モードにして、低い温度で加熱しましょう。

まずはさつまいもをよく水洗いしたら、
水で湿らせたキッチンペーパーで包み、
さらに新聞紙で全体を覆っておき、
水をかけて湿らせておきます。

そして最初に通常の温めモードで、
だいたい500Wで2分ほど加熱をします。

この時、まず1分通常モードで加熱したら、
さつまいもの上下をひっくり返し、
再び1分加熱するようにしてくださいね。

そうしたら、解凍モードで14分加熱していきましょう。

ただし、温め方にもコツがあります。

・上下を7分ずつ加熱する

解凍モードにしたら、まずは7分加熱し、
その後は先ほどのように上下をひっくり返して、
また7分間加熱をしていきましょう。

たったこれだけの方法で、
なんと家庭で作る焼き芋が甘くてホクホクになるので、
劇的に美味しくなるんですよ!

簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。


スポンサーリンク

焼き芋をレンジで作るときの注意点

焼き芋をレンジで作る時はどんなことに注意すべきなのかをまとめました。

湿らせたキッチンペーパーと新聞紙に必ず包む

湿らせたキッチンペーパーと新聞紙でさつまいもを包まないと、
水分が飛ばされてしまい、パサパサとした食感になってしまうんです。

そのため、必ずさつまいもはキッチンペーパーと新聞紙で包み、
水で濡らして湿った状態にしておきましょう。

出来ればさつまいもを新聞紙で包んだら、
水がしたたるくらいに濡らしておくといいですよ。

解凍モードでしっかりと加熱をする

やっぱり電子レンジで焼き芋を美味しく作る一番の注意点は、
レンジのモードを解凍にしておくことですね。

うっかり通常モードで加熱をしてしまうと、
甘みが半減してしまうので注意しましょう。

さつまいもを7分ずつ加熱する時は、
ちゃんと解凍モードになっているか確認すると良いですね。

さつまいもの大きさによって加熱時間を変える

さつまいもはそこまで大きくないものでしたら、
上下7分ずつ、計14分の加熱でOKですが、
大きめのさつまいもの場合は、
上下10分ずつ計20分加熱すると良いでしょう。

以上の注意点を踏まえて、ぜひ焼き芋を作ってみてくださいね!

まとめ

焼き芋はレンジで作ると、短時間で高温になってしまい、
デンプンによる甘みが強くなりません。

そのため、レンジで加熱する場合は、
解凍モードを駆使して加熱していきましょう。

キッチンペーパーと新聞紙で包んでしっかり濡らし、
上下を1分ずつ通常モードで加熱したら、
解凍モードにして7分~10分ずつ加熱すればOK!

簡単に美味しくなるので、
焼き芋を作る際はぜひためしていってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました