春物を秋に着るのはおかしい?春物と秋物の違いや春と秋で兼用できる服

春物を秋に着る 生活

春物を秋に着るのってやっぱりNGなんでしょうか?

でもなるべく衣類を増やしたくない場合、
春物を秋にも着てローテーションしていきたいですよね。

でもそもそも、春物と秋物の服って何が違うの?

あまり違いがなさそうなら当然、春物を秋に着たって良さそうな気がします。

ということで今回は、春物を秋に着るのはダメなのか、
兼用できるのはどんな服なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

春物を秋に着るのはおかしいの?

結論からいうと、春物を秋に着たって何らおかしくありません。

ただ、桜柄とか落ち葉や紅葉柄など、あからさまに季節感がある服だと、
その季節に着た方がよさそうな気がしますね。

冬にヒマワリ模様の服を着ていたら、やっぱり違和感があるでしょう?

でもあからさまな季節感がないのでしたら、
秋物で買った服を春に着てもいいし、春物で買った服を、
秋に着てしまったって全く良いんですよ。

ちなみに私も夫も、基本的には春物秋物の服を分けていません。

季節の変わり目って本当に着るものに迷ってしまいますが、
着回しできるものを何着か持っておくとすごく便利ですよ。

春物と秋物の違いは?

春物と秋物は同じように思えるけれど、
実は細かい違いがるのでそれをまとめてみました。

・春物の特徴

ピンクや水色、淡いグリーンなどのパステルカラーが多く、
薄手で通気性の良い素材が主に使われます。

確かに春物って春の芽吹きや桜を連想させるため、
明るい色のイメージですよね。

それでいて、春はポカポカ陽気な気候なので、
どちらかというと、コットンやリネン(麻)など涼しげな素材が使われています。

・秋物の特徴

ブラウンやボルドー、カーキなど少し暗めの色が多く、
冬に向かって寒くなってくるので、ファー付きだったり、
生地も厚めのウールやベロアが使われる場合も!

秋と言えばこの葉が枯れたり寒くなりつつあったりする時期なので、
やっぱり落ち着いた色が使われるようになるんですよね。

そして、ニット系の衣類も多く出てくるので、
寒くないような素材なのが秋物の特徴でもあります。

こうしてみると、春物と秋物って違いがよく分かりますね。

ただ、春でも気温差が激しくて寒い日もあるし、
秋でも残暑がしぶとくて暑い日が多い場合もあるんですよね。

そのため、春物秋物はその日の気温で合わせて着てしまってOK!

春でもニットを着てる人はいるし、ファー付きだったとしても
ファーが取り外し可能な場合もあるので、
やっぱり季節を問わず、気候に合っていれば着てしまいましょう。


スポンサーリンク

春と秋で兼用できる服 これだけ買っとけば大丈夫

春物と秋物を使い分けるのが面倒なら、
やっぱり春と秋で兼用できる服を持っておくのが便利ですよ!

では、おすすめな春秋兼用服をご紹介します!

・薄手のニットカーディガン

温かい春の陽気には半袖と合わせて、
肌寒い秋の頃には長袖を合わせればOK!

ちなみに私も白ニットのカーディガンを季節の変わり目には愛用しています。

・長袖パーカー

春でも秋でも、ちょっとその辺にまで買い物に行く時は、
パーカーを着てしまえばとっても楽ですよ。

流石に半袖パーカーだと季節感が出てしまいますが、
長袖ならあまり季節感が出ないのでおすすめ。

・デニムジャケット

デニムジャケットも季節感が全くありませんよね。

もちろん、スカートやパンツなど、
ボトムスもデニムやジーンズだと、
季節感が出ないのでとっても無難で、
しかも着回しのしやすさも抜群ですよ。

・チェックのシャツ

温かい日は中に半袖Tシャツを着てチェックのシャツを羽織り、
肌寒い日は長袖カットソーを着てチェックのシャツを羽織ればOK!

季節に応じてチェックシャツの色を変えても良いですね。

・ライナー(裏地)が取り外しできるトレンチコート

ライナー部分の取り外しが可能なトレンチコートは、
スプリングコートとしても着られるし、
寒い時はライナーを取り付ければOK!

色はベージュなら特に季節感があまり出ないですよ。

以上が春秋を兼用できる服なので、ぜひ手持ちの衣類もチェックしつつ、
兼用コーデを考えてみましょう。

まとめ

春物を秋に着るのはおかしくありません!

むしろ、季節よりもその日の気候に合わせて服を選んだ方がおすすめですよ。

特にパーカーやカーディガン、デニムなどは、
季節感を問わずに着用できるのでぜひ着回しをしていきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました