バナナジュースをミキサーで手作り 日持ちはどれぐらい?冷凍保存はできる?

バナナジュース ミキサー 日持ち 料理

バナナジュースってミキサーで手作りした場合の日持ちはどれくらい?

手作りだとあんまり長く日持ちしないイメージですよね。

それなら冷凍でバナナジュースを保存することは可能なんでしょうか?

今回はそんな、ミキサーで手作りしたバナナジュースは、
一体どれくらい日持ちするのか、保存できる期間を紹介します。

スポンサーリンク

バナナジュースをミキサーで手作り日持ちはどれぐらいする?

ミキサーで手作りしたバナナジュースは1日しか日持ちしないので、
作ったらその日中には飲み切ってしまうのがおすすめですよ。

やっぱり手作りだとあんまり日持ちがしないんですね。

でも確かに、自家製の飲み物や食べ物って、
基本的にそこまで長く日持ちすることはありません。

特にバナナジュースは生のバナナや牛乳を使っており、
手作りだと市販のパック詰め飲料のように、
保存料などは含まれていないので、傷むのも早いです。

しかもバナナジュースって、
時間が経つと黒ずんできて変色してしまうので、
やっぱり出来立てのものを早めに飲むのがいいですよ!

もちろん変色してしまっても飲むことは出来ますが、
手作りジュースは鮮度が良い方が美味しいので、
ぜひ早めに飲むようにしましょう。

もし作ってから時間を置いて飲む場合は、
必ず冷蔵庫に保管をしておくこと。

常温で置いておいてしまうと、
夏場など暑い時期はすぐに傷んでしまうので、
必ず冷やして保存をするようにしましょう。

バナナジュースを手作り ミキサーなしで作れば洗う手間いらず

バナナジュースって手作りすると、ミキサーの後片付けが面倒ですよね…。

私も以前はミキサーを持っていたんですが、
後片付けが面倒だったので、結局は手放してしまいました。

ミキサーの片付けが面倒だと感じるのでしたら、
ぜひミキサーなしでバナナジュースを作っていきましょう。

ではミキサーを使わないバナナジュースの作り方を解説します。

ミキサーの代わりに使うのは、
フリーザーバッグなど透明ビニール袋だけ。

まず皮を剥いたバナナを小さくちぎってビニール袋の中に入れ、
ペースト状になるまでバナナを潰していきます。

十分にバナナがペースト状になったら、
グラスに移し、牛乳や豆乳などを加えてよく混ぜれば完成!

確かにミキサーがなくてもとっても簡単にバナナジュースが作れますね。

ちなみに、バナナをフォークでしっかり潰してから、
牛乳と混ぜてバナナジュースを作る方法もありますよ。

ただ、フォークで潰しただけだと、
ちょっとバナナの果肉が残りやすいので、
私のおすすめとしてはビニール袋にバナナを入れてしっかりと潰すことです。

冷凍バナナをジュースに使う時も、
ビニール袋に入れて潰してから作ればOKです。


スポンサーリンク

バナナジュースが余ったら冷凍保存が便利

バナナジュースを作り過ぎてしまったら、
余った分は冷凍保存しておくこともできますよ。

余ったバナナジュースはフリーザーバッグに入れておき、
しっかりと空気を抜いて密封させて凍らせておきましょう。

そして解凍するのは自然解凍がおすすめ。

レンジだとまた冷やすまでに時間がかかるし、
再度ミキサーにかけてしまうのも面倒なので、
飲む数時間前から冷蔵庫に移しておいて自然解凍させましょう。

手早く解凍させたい場合は、
フリーザーバッグごと50℃以上のお湯に入れて湯せんで溶かすのがおすすめ。

ちなみに、バナナジュースは冷凍しておくと、
約2週間は保存することが出来るので、作り置きに便利ですね。

バナナジュースを1回分に小分けにして冷凍保存しておき、
飲む前日の夜に冷蔵庫に移しておけば、
朝には解凍したバナナジュースを飲むことが出来ますよ。

ちなみに、1度解凍してしまったバナナジュースは、
再度冷凍すると味や鮮度を損なってしまうのでやめましょう。

でもバナナジュースは冷凍しておくとかなり便利。

また、やっぱり新鮮な作り立てバナナジュースが飲みたい場合は、
バナナを冷凍しておいて、朝は牛乳と混ぜて作るだけにしておいても良いでしょう。

まとめ

バナナジュースは1日しか日持ちしないので、
作ったらその日中に飲み切るようにしましょう。

ミキサーを使って作るのが面倒な場合は、
ビニール袋にバナナを入れて潰して、
牛乳と混ぜて飲むと簡単で便利ですよ。

そして、バナナジュースは冷凍すると2週間は保存できるので、
作り置きしておくのに最適。

冷凍したバナナジュースは自然解凍か湯せんで溶かして飲みましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました